奨学金を借りてまで大学に進学する意味

奨学金を借りてまで大学に進学する意味

こんにちは、KeiCampbellです!

最近、奨学金の返済苦で結婚や出産、子育てなどを諦めたり、最悪一家破産という暗いニュースをよく見ます。私も奨学金を返済している真っ最中なので、他人事ではありません。
それでも、高校を卒業して進学するときに奨学金を借り始める学生が多いと思います。

奨学金は借金と同じなので、社会人になったら返済しなければなりません。ですので、奨学金を借りてまで大学などに進学する価値があるのか?ということを真剣に考えないといけませんよね。

自分が父親となったときに、進学と学費について子供に何を話してあげれるか、あるいは塾講師として高校生に伝えてあげれることは何か、をここにメモしておきます。

悲報!社会人になると同時に借金900万円を背負う

まずは私の奨学金返済体験(現在進行形)を。

私が今後20年で返済する奨学金の総額は900万円です。

私が借りた奨学金は、最もポピュラーな「日本学生支援機構」の1種(無利子)と2種(有利子)の両方です。大学4年間の学費で約500万円、大学院2年間の学費+実家の生活費で約400万円を借りました。

おおよそですが、私の場合毎月の返済額は3.8万円です。もし大学4年間の借用分だけだとすると、返済額は約2万円になります。(実家暮らしを想定)

大学分だけなら大学卒業後にある程度の会社に就職できれば、返済が十分可能な額だと思います。ただ社会人になりたての頃のお給料にとって、2万円の返済はちょっと苦しいのも分かりますね。

このような毎月の返済額というのは、借りる前からある程度判明しています。

借りる前の時点で、多額の借金をしてまで進学する意味をしっかり考えておかないと、進学したことを後悔することになるかもしれません。

スポンサーリンク

なぜ大学に進学するのか

奨学金を借りる借りない以前に、なぜ大学に進学するのでしょうか。「良い会社に入るため」「周りの受験ムードに流されて」「学びたいことがある」など、理由はそれぞれだと思います。進学する本人だけなく、家庭の事情などもあるかもしれません。

ある著名な起業家は「大学に行くのは金と時間の無駄だ」と言っていますが、私が高校生のときは大学に行くことが当たり前だと思っていたので、他の選択肢は頭にありませんでした。
当時の私と親の意見は次の通りでした。

親「ボーナスがもらえる会社に入れ」

これは私が高校生、大学生のときに親に何度も言われてきた言葉です。ボーナス(賞与)とは、主に夏と冬に、毎月の給料とは別にもらえるお金のことです。大企業だと月給の2倍以上のボーナス(税込)がもらえることがあります。

例えば月給25万円なら、夏に60万円もらえ、冬にも60万円もらえる、ということです。(この例は高額な方かな?と信じたい)

もちろん会社によるので、小規模な会社や、経営が上手くいってない会社だとボーナスが無いこともあります。私の両親はボーナスはほぼ0円でした。

つまり、「お金が稼げる会社に入ること」が私の親の大学進学に期待するところです。

子供には、お金を稼ぎ自立し安定した生活を送ってほしいと、多くの親が望むのは当然でしょう。

私「宇宙のことをもっと知りたい」

一方、高校生だった私は、「大学は”受け身的”に勉強するところ」と思っていました。子供の頃から宇宙やSF映画がすきだったので、大学で勉強するなら「宇宙」と決めていたのを覚えています。

宇宙を学べる学部がある大学を調べ、なるべく偏差値の高い大学行こうと青春の半分以上を勉強に費やしました。

当時は、大学卒業後にどんな仕事をしようかなどは全く考えていませんでした。しかし「大学に行かないとできないことをする」というのは高校生のうちに決めていました。

実際、大学院ではスイスの物理学研究所CERNに1カ月ほど滞在する機会をゲットできました。これは特定の学術分野を専攻していなければ経験できないことだと思います。

CERN滞在中には宇宙物理学、原子核物理学など、宇宙科学の最先端の研究に触れ、さらにジュネーブ観光を飽きるまで楽しむことができました。

また、大学4年生から大学院2年生の3年間でやっと、”受け身的”ではなく”能動的”に行動する姿勢も身に付きました。厳しい教授のおかげです。

「宇宙」ではなくても大学でしか学べないこと、経験できないことはあります。能動的に、そこでしかできない挑戦をするべきです。

大卒の価値

学費を払うというのは、ものを買うのにお金を払うのと同じです。

例えば、200万円で車を買う「価値」って何ですか? 人それぞれですが、通勤に使ったり、買い物したり、ドライブしたりと、移動時間が短くなったり行動範囲が広くなることが「価値」ですよね。

学費も同じです。学費を払うことで学生生活を買います。そして大学を卒業することでどんな価値を見出せるか、必ず考えていかなければなりません。

私立大学は割に合わない

平均的に私立の理系学部に4年間通うと、おおよそ500万円以上支払うことになります。この大金を4年間の学生生活に支払うわけですが、そこに払った分の価値が生まれるかどうかはすぐにはわかりません。

初年度納付金の目安(国公立大・私立大昼間部の平均額)(単位:円)

※施設費、実習費、諸会非などを徴収される場合がある。
引用:https://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page2.html

返済を滞りなく完了させ会社で一定期間働き続ければ、金額で言えば学費の元は取れます。

しかし最近では、今まで優良な大企業だと思われてきた会社が、経営難に陥っているというニュースが後を絶えません。

良い大学→良い給料」という安定路線は、ここ10年で陰りが見えてきています。

大学生の時点では、ましてや高校生の時に、20年間も奨学金を返済し続けることができるかどうかなんてわからないです。

もし学費と給料のことだけを考えるのであれば、私立大学より国公立大学に行くべきです。国公立大学なら、4年間の総額で250万円程度になります。

奨学金を借りるとしても少額で済むので、私立よりも卒業後の家計の負担は少なくて済みます。

就職活動を考えても、早稲田や慶應などの一部の私立を除けば国公立が有利です。今の会社で学生の採用に関わったことがありますが、学歴社会はまだ強く残っています。

私はある国立大学の合格を蹴って私立の大学に行ったので、高校生のときの自分を殴りたいです。
金持ちじゃない限り、国公立大学を狙うべきですね。コストパフォーマンスが全然違います。

自分主体で行動すること

もちろん、学生生活の価値はお金だけで決まりません。学生時代に感じたこと、経験したこと、身に付けたものがどれでも価値になる可能性を秘めています。

私の場合は、塾講師のアルバイトが大きな価値を生み出したと思っています。授業を通して人にわかりやすく説明する力や、人との出会いです。

やれと言われたことだけではなく、自分で工夫してクリエイティブに活動していたので毎日が楽しかったです。

時間とお金に余裕があれば海外へ一人旅にも行ってみたかったです。留学よりも楽しそうですし。英語を使わなきゃ生活できないという状況に、1カ月間くらいは身を置いてみたかったです。

何をするにしても、「やらされている」という感覚ではなくて、「自分の意志で事を進めている」という経験を学生時代にしてほしいです。会社に入ると、楽しんでそういうことができる機会はありませんから。

スポンサーリンク

高校生のうちにやるべきこと

進学する理由を考える

高校に入ったらすぐに、高校卒業後に何をしたいのか、どうなりたいのかを考えるべきです。決める必要はないです。普段から「自分は何が好きなのか」「何をしてるときが楽しいのか」を探ってほしいです。

それを起点にして「もっと〇〇のことを知りたい!やってみたい!」と思えたら、進学するべきかどうかを考えましょう。

「お菓子作りが好き!」「絵を描くのが好き!」と思って製菓学校、美術大学に進学する前に、学校に行く価値を少し想像してみましょう。

実際、想像するのは難しいので、高校生のうちに”現場”を見てみてください。自分の目で現場を見ないと、それを専攻・仕事にしたとき「実はブラックだった!」「給料が安すぎる!」といったリスクを味わうことになります。

ぜひ高校生のうちに、大学の学園祭に行ったり、アルバイトしながら、その分野の情報を集められるだけ集めましょう。

学校に通わなくても、自分一人で勉強してできることはたくさんあります。

国公立大学を狙う

なかなかやりたいことが思いつかない、周りが大学に行くから自分も行く、といった場合もありますね。そういう生徒を何人も見ました。学校の成績の良し悪しに関わらずです。

言われるがままに勉強してきた優秀生なら、国公立大学を狙ってください。やりたいことが見つからないのは別に悪いことではないです。

どうせ勉強するなら、英語と数学です。理数科目にアレルギーが無ければ、理系の学部がおすすめです。

受験勉強を通して、科学技術のほんの一部分にでも興味が湧けば、受験する学部をある程度絞ることができます。

理系学部だったら、今なら特に情報系がおすすめですね。機械系、電気系、化学系もいいですね。
細かい理系学部の話は別の機会に書こうと思います。

まとめ

大学進学はお金がかかります。数百万円の高額なお買い物です。

学生生活が贅沢な娯楽になるか、コスパの良い自己投資になるかは、本人の主体性が鍵になります。そして奨学金を借りる場合、自分の学生生活に責任と情熱を持つべきです。

もし親が学費を払ってくれるのであれば、親に感謝してください。その数百万円で他に何ができるか想像してみてください。一般人の感覚なら贅沢な旅行が何回もできる額です。

ぜひ、自分の学生生活の価値が最大になるように、主体的に活動していってください。そのほうが絶対楽しいですよ。

私は副業塾講師カテゴリの最新記事