ガンダムは会社のおじさんと仲良くなるためのツールになるよね

ガンダムは会社のおじさんと仲良くなるためのツールになるよね

こんばんは、小学生のときからガンダムが好きなKeiCampbellです。

今夜は会社帰りに思い付きで、映画「機動戦士ガンダム The Origin 誕生 赤い彗星」を観に行きました。

会社のおじさん(アラフィフ)と二人で。

ガンダムの世界はとても緻密に作られている。

この「The Origin」という映画は、ガンダムが戦場で活躍する以前の話を全6話(のはず)で構成したものです。

今回はそのシリーズの6番目。だから、ガンダムが登場する直前のお話。

子供の頃は全然意識してなかった(できなかった)けど、ガンダムの世界ってすごく緻密に設計されてるんですよ。

子供のころは戦闘シーンをメインに楽しんでいたけど、
大学生くらいになってからは、歴史的背景とかスペースコロニー(宇宙での居住空間)などの登場する施設の設定とかに興味が湧いてきます。

それで、そういう設定とかを調べてみると、ものすごく細かいところまで作りこまれている。

だから大人になっても楽しめます。

本作を観ているときも、本当の地球の歴史を見ているようで引き込まれます。

映画の感想をざっくり言うと、
「序盤の戦闘シーン、すごい迫力!」(今でも戦闘シーンは楽しめる)
「こうやって戦争が長引くんですね。」(歴史と人の絡みが絶妙)
「シャアの見せ場が少ない。」(サブタイトル負けしている)

公式ホームページで冒頭15分が観れます。戦闘シーンも。
→予告編映像に差し替えました。

公式ホームページhttp://www.gundam-the-origin.net/index.html

スポンサーリンク

会社のおじさんとの話し方

会社に入って、アラフォー、アラフィフのおじさんたちと話す機会が多くなりました。

そのとき「ガンダム」を知っていると多少役に立つんです。

仕事の話がほとんどだけど、ちょっとしたスキマ時間や飲み会などで雑談するときに、大抵のおじさんって、会社の昔話とか闇(派閥とか悪口とか不倫とか)の話をしだすんですよね。

でも私はそういう話に興味がないので、次の日にはほとんど記憶に残らない。申し訳ないけどつまらない。

なので、唐突に「ガンダム知ってます!」とか言ってみる。

そうすると、ガンダム世代でガンダム好きなおじさんって多いので、話がガンダムにシフトします。

最初にも書いたとおり、ガンダムって設定が細かいので、ガンダムトークって盛り上がるんです。

クイズを出題してくるおじさんもいます。

「シャアと一緒にジャブローに降下したズゴックの故パイロットの名前は?」とか。

一瞬ですけど、好奇心が湧きますよね。

退屈しない人生のために

しばらくサラリーマン生活を送ることになるので、おじさんたちとの付き合いを面白いものにしたいですね。

映画(特に80年代あたり)の話も盛り上がりやすいなぁと思います。

自己啓発カテゴリの最新記事