【ベトナム人彼女 第1話】友達の少ないサラリーマンが外国人の彼女と出会うには?

【ベトナム人彼女 第1話】友達の少ないサラリーマンが外国人の彼女と出会うには?
こんばんは、遠距離恋愛中のKeiCampbellです。 2017年の9月から、3600km以上離れた国に住む女性と遠距離恋愛をしています。 国はベトナム、相手はもちろんベトナム人です。 友達が少ないことで有名な私ですが、今日はそんな私がベトナム人彼女に出会うまでの経緯を紹介します。

友達がいないので海外へ一人旅

社会人になった1,2年目のころ、給料の使い道が意外と思いつかず、どんどん貯金していました。 また残業代をかなりもらっていたので、毎月10万円以上は貯まっていきます。 会社の同期はよく旅行していたので、私もしようかなと思っていたのですが、、

旅行する友達がいなかった

当時、私の周りには一緒に旅行に行くような友達がほとんどいなかったのです。 すでに結婚して家庭を持っていたり、そもそも旅行があまり好きじゃなかったりと、誘えそうな友達がいませんでした。 万が一誘えたとしても、予定を合わせるのも難しくですよね。社会人になると。 土日は私も授業しているので、いつでも旅行に行ける状況じゃなかったですし。

海外一人旅で得たもの

友達も少ないし、予定を合わせるのも面倒だしということで、一人で旅行しよう!という発想に至ります。 割と治安が良くて、英語が通じて、西欧な雰囲気な国はどこかなと考えて決めたのが、カナダです。 そして社会人2年目の夏休みにカナダへ行くことにしました。初海外旅行で、初一人旅です。 カナダ旅行の細かい話は別記事でいずれ書くことにします。 参考記事:【カナダ】初・海外一人旅で失敗したこと この一人旅での一番の思い出、それはまさしく現地人とのコミュニケーションです。 国籍は違うし、言語も違うし、共通点といえば地球人くらいです。 お互いに共通点を探そうと質問し合います。 結局このときは共通点は人間以外に無かったのですが、その方がお互いに会話を楽しめた気もします。 そんな外国人との交流は、留学経験なし友達極小の私には凄まじい刺激になりました。 不慣れな英語で何とか会話を続けようと、脳みその普段使ってない部分をフル回転した感覚が快感に思えました。

海外の友達を作ろう

初の海外一人旅で良い思いをした私は、友達が同じ日本人である必要なんてないんだ、という今では当たり前のことに気付きます。 もちろん小学校からの長い付き合いとかって素敵だし憧れはあるけど、私にはいないので新しく友達を作るしかないんですよね。 そこで私が最初にやったことは、「日本が好きな外国人」探しです。 相手が日本に興味を持っていてくれると、私からは日本のことを教えてあげれるし、話がしやすいと思ったんです。

スポンサーリンク

ネットでベトナム人女性と出会う

外国人の友達を作るために何度も海外に行く時間がなかったので、インターネット上で探すことにしました。 学生の頃はmixiを通して良い友達ができたので、そこまでネットでの友達作りに抵抗はありませんでした。

言語交換サイト「lang-8」

私が最初に使い始めたのが「lang-8」です。 「ラングエイト」と読みます。今も機能しているのですが新規登録を停止中のようです。 lang-8は、twitterのように勉強中の言語で文章をつぶやき、それをネイティブが訂正してあげるという、言語交換サイトです。長文でもOKです。 例えば、私なら英語を勉強中なので、「She make me happy! It’s correct?」と英語で投稿したとします。 すると、この投稿を見た英語のネイティブのユーザーが、「She make”s” me happy!」と訂正してくれます。 たぶん、似たような言語交換サイトは他にもたくさんあると思います。気が向いたら探してみることにします。 私はこのサイトで、日本語を投稿している外国人の文章を訂正することをきっかけにして、日本好き外国人の友達作りを始めました。

多種多様な外国人に驚く

今年でサイトに登録して3年が経ちます。本当にいろいろな人と話しました。 鎌倉幕府が大好きなポーランド人(30代女性) スターウォーズオタクのイタリア人女性(20代女性) イケメン長身でピアノ上手なエストニア人男性(20代男性) 女優志望でヴィーガンのベルギー人女性(20代女性) 早口のバイオ系科学者のインド人(20代男性) 会社や学校ではまず会えないだろう個性を持った外国人がたくさんいますし、すごい話が弾むんです。 もちろん誰とでも打ち解けるのは難しいですけど、1年に一人でも気が合う友達ができれば私にとっては大収穫です。

Skypeで彼女と初対面、のはずが

2017年の4月、lang-8で一人のベトナム人女性の日本語を添削しました。 話を聞いてみると、彼女はハノイの大学で日本語を勉強している大学生でした。 英語もかなり話せる印象がしたので、お互いの勉強になると思いSkypeでの会話を提案してみました。 そして相手から「いいですね、よろしくお願いいます。」と丁寧な回答を頂き、Skypeで話す日時を決めます。 Skype当日、ヘッドセットを装着し相手のオンラインを待ちます。 “待ち合わせ”の時間になり、通話開始です。 初めて画面に映る彼女は、両手で顔を隠した照れまくる恥じらいMAXの女の子でした。 顔が見えない。何のためのSkypeでしょう! ベト子「日本人と話すのが恥ずかしいです。」 私「It’s 恥じらい。So cute !」 私は「恥じらい」という言葉を生まれて初めて口にしました。 「恥じらい」って最近見かけませんからね。

ネットで出会うのも悪くない

このとおり、私とベトナム人女性との出会いはネットです。 ネットでの出会いに抵抗がある人もいますし、私も昔は抵抗ありました。 でも出会い方とその人の人格は関係ないので、”良い”と思える人であればネットだろうとナンパだろうと出会い方は気にならなくなりますね。 最近多いんじゃないかな。ネットでの出会い。 リスクは当然あるので、しっかりと人を見定めてほしいですね。 ネットに限らないですが。

退屈しない人生のために

本当に気の合う友達や恋人って、同じ職場や学校にいればラッキーだと思います。 いなかったとしても世界中に視野を広げて行動すれば見つかるものですね。 人気ブログランキングに参加してみました! 下のボタンをポッチしてね! 遠距離ランキング

ベトナム人彼女カテゴリの最新記事