受験に必要ない科目の定期テストが、社会に出てから役に立つ理由。

受験に必要ない科目の定期テストが、社会に出てから役に立つ理由。

こんばんは、中3で国語を捨ててしまったKeiCampbellです。

高校の途中まで、国数理社英の主要5教科と実技教科を満遍なくお勉強しますよね。私の生徒も大変そうです。毎日何かしらの科目で小テストがあったり、宿題があったりと。

科目ごとに優先順位をつけて、工夫して勉強しないと中途半端な結果になってしまいますね。

今回は特に、受験に必要な科目とそうでない科目との接し方について、まとめておきます。

全科目を勉強する必要があるのか問題

大学受験が高校の勉強の目的ならば、

正直、全科目を徹底的に勉強する必要はありません。例えば私立の理系学部なら、数学、英語、理科1科目か2科目を勉強すれば、大学受験に必要な学力は身に付きます。

高校生だったときの私も理系学部を志望していたので、数学、理科、英語しか勉強していません。高校での国語、世界史、家庭科などの受験に影響しづらい科目の成績は、10段階評価で4とか5でした。平均よりやや下ですね。

それでも大学受験では、国語や社会をセンター試験で使いつつも、国立大の理系学部を合格することができました。(最終的に私立大学に進学しましたが。)

合格できたのは、理系科目を人の何倍も勉強したからです。国語などの科目を捨てた罪悪感が多少あったので「お前(国語)の死は、無駄にはしない!」精神が芽生えたおかげです。

「将来使うかもしれない」という無駄な心配

「世界史で習ったことが、将来役に立つかもよ?」
「古文は教養として知っておくといいよ!」

巷で聞くことが多いセリフですね。

将来役に立つかもしれないし、歴史も古文も美術も音楽も教養として知っておくといいでしょうね。

でも高校生にとっては、目の前の受験が最優先事項ですよね。

将来役に立つかわからない科目、「教養ってそもそも何?」な状態では、勉強するモチベーションは上がりませんよね。受験科目でさえ勉強のモチベーションは上下しますからね。

だから、受験が終わるまで「将来、何の科目が役に立つか、知っておいたほうがいいか」は気にしなくていいんです。(経済学部の授業で数学が必要!など分かり切っていることは気にするべきですが。)

将来役に立つ時っていうのは、突然やってきますよ。いつかはわからないです。

そして好奇心も突然湧いてきます。その時になってから勉強しても遅くないですし、学校で教わるよりも楽しんで学べます。

スポンサーリンク

受験に必要のない科目から得るもの

タイトルにもあるように「受験に必要のない科目」というのが、社会に出た後に役に立ちます。

それは科目そのものではないです。「その科目への接し方」を学ぶことで得たものが役に立つんです。

自主的に勉強する姿勢

私は(特に)国語と世界史を捨てました。

理由はとても単純で「つまらない」「自分が理系学部志望」「将来役に立たないと決めつけていた」の3つです。

捨てたといっても、赤点を取って高校卒業が危うくなっては本末転倒ですので、定期テストで最低限の点数は確保します。

中には勉強の仕方がとても上手で、全教科9割以上取っている同級生もいました。純粋に「あいつすげー!」って思ってましたよ。口には出さないですが。

しかし自分の目標は大学合格です。定期テストで良い点を取ることではないです。そのために科目の取捨選択は必須です。

要は、大学受験に対応できる学力を身に付けなければいけない科目とそうでない科目を明確に分けて、勉強の優先順位をつけることが、合格に必要なことなんです。

「学校の定期テストだから」という理由だけで勉強するのは中学校までです。

高校生になったら、自分で目標を作り、何が必要で何が必要でないかを考える癖をつけましょう。

最小時間で最大効果を出す方法

「科目の優先順位をつけろ」とは言いましたが「勉強しなくてよい」という意味ではありません。さすがにノー勉はリスクが高いですね。進学校だと定期テストの難易度が高いので、ノー勉だと赤点のリスクが高まります。

従って「優先順位の低い科目は、なるべく時間をかけずに赤点を免れたい。できれば平均点くらいは取っておきたい。」ということになります。

そのためには、テストで問われやすい部分や配点の高い問題を把握したうえで、そこに勉強時間を投資します。つまり上手に山を張るわけです。

私は高校2年で世界史を習いましたが、受験科目に必要ありませんでした。

それでも前期の定期テストで90点台を取り、後期では50~60点を推移しました。学校内の平均点は50点台だったので赤点の心配はありません。たとえ最後の定期テストで1回くらい20点を取っても、前期の90点のおかげで留年にはなりません。(成績の付け方は学校に寄るかもしれませんが)

私がこのとき試した勉強法は「自分がテストを作るなら、どこを問題に出す?」と考えることです。

世界史なら、テスト範囲が「フランス革命」あたりだった場合、「フランス革命」の何をテストに出すかを考えます。「何年に起きた?」「なんで起きた?」「どこで誰が起こした?」「革命前後で何が変わった?」など、教科書をしっかり読んでいけば先生が問題に出しそうなところが分かってきます。

もっと言えば、授業中にそういうところをしっかり聞いておけば、テスト前に多くの時間を割かなくても結果を出すことができるはずです。

社会人になったときのための準備

「自主的に勉強する」「最小時間で最大効果を出す」の2つは、高校卒業後の人生で最低限必要なスキルになると思います。

会社に入れば新しい知識、技術を吸収するために、毎日が勉強になります。会社の先輩は新人に付きっ切りというわけにもいかないので、ある程度は自主的に勉強してくれることを望みます。

また、会社に入れば「やりたくない」「嫌い」を理由に仕事を捨てることはできません。決められた期日までに一定の質で仕事をしなければなりません。

高校で「受験で使わない」という理由で科目を丸投げすることに慣れてしまったら、社会人になった時、やりたくない仕事はどうしましょう?

こういうとき「受験で使わない」けど「短時間で結果を出す」ことに工夫を重ねてきた人は、きっと限られた時間の中で、求められる仕事の質に答えることができるでしょう。

退屈しない人生のために

全教科を完璧にこなすのは非現実的ですね。仕事も同じです。

一番重要な科目・仕事のパフォーマンスを下げないためにも、その他の科目・仕事は短時間で一定以上の結果を出さなければなりません。

逃げ癖をつけず、工夫して乗り越える練習を高校生のうちにしておきたいですね。

副業塾講師カテゴリの最新記事