映画感想「ミッション:インポッシブル – フォールアウト」面白くないわけがない!

映画感想「ミッション:インポッシブル – フォールアウト」面白くないわけがない!

公開初日、会社を17時に早退して観てきました!ちなみに上司は16時に早退。

トム・クルーズの俳優魂と、レベッカ・ファーガソン(女スパイ)の可愛さは必見です!

8月の始まりにふさわしい最高にホットな映画でした!147分はあっという間!

【評価】
アクションシーン  :★★★★★
チームワーク    :★★★★★
普段見せない可愛さ :★★★★★

作品情報

キャスト&スタッフ etc.

出演:
トム・クルーズ
レベッカ・ファーガソン
ヘンリー・カヴィル

監督・脚本:クリストファー・マッカリー
製作国:アメリカ
上映時間:147分
公開:2018年(日本)
原題:『MISSION:IMPOSSIBLE – FALLOUT』

あらすじ

前作「ローグネイション」から2年後が本作の舞台。
IMF(Impossible Mission Force)のエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのチームは、盗まれたプルトニウムを使った複数の都市への同時核攻撃を未然に防ぐミッションを下される。
犯人の名前とホワイト・ウィドウと呼ばれる謎の女性だけが手がかり。今回のミッションに対しCIAは、イーサン・ハントの監視役として敏腕エージェントのオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を同行させる。
前作の敵であるソロモン・レーン、味方の女スパイであるイルサ・ファウストが絡み、さらに愛する妻の命も危険にさらされるなど、いくつもの困難がイーサン・ハントに降りかかる。
引用:ウィキペディア

予告編


公式サイト

スポンサーリンク

感想(ネタバレなし)

イーサン・ハントを超えたトム・クルーズ

この「フォールアウト」の撮影中に足を骨折したトム・クルーズ。

それでも直後に足を引きずりながら走るシーンは必見です。

その他、飛行機からの飛び降り、ヘリの操縦、バイクや車のドライビングテクニックなど、イーサン・ハント=トム・クルーズなのでは?と思うくらい体を張りますね彼は。

前作よりもバイク&カーアクションが長めなので、私は非常に楽しめました!

おまけにアクロバットなヘリシーンはプロ顔負けらしいですね。

そんな56歳のトム・クルーズですが、あと1作は彼の続編を観てみたいです。

最強のチームワーク

序盤から本作のキーパーツである「プルトニウム」をゲットするチャンスを逃してしまうIMFチーム。

それはイーサン・ハントの仲間を思う気持ちが任務よりも優先された結果。

また、ある人物の顔をコピーして変装しようとするも、その人物が強すぎてせっかくのハイテク機器も使いこなせない。

M:I3のフィリップ・シーモア・ホフマンのときは上手くいっても、シリーズが続くにつれて敵も強くなり、ことがうまく進まなくなっていく。

そんなとき頼りなるのはエージェント個人の力ではなくチームの力。

何がなんでもプルトニウムを奪わないといけないという使命感と、チーム以外の誰も信用できないという孤立感がIMFチームの結束力をより大きなものにしてくれます。

これまでの作品よりもさらに使命感と孤立感が強まる本作、ゆるぎないチーム力に感動します!

感想(ネタバレあり)

エルサ・ファウストが見るイーサン・ハント

「ローグネイション」で活躍した女スパイ:エウサ・ファウスト、本作でもなかなかのキーパーソンです。

彼女目線で本作を観ると、彼女の可愛さが垣間見れます。

個人的にツボに入った最強キュートシーンは、1作目から出てるルーサー(天才ハカー)がエルサに「イーサンはこれまで2人の女性を愛したことがある。」と語るシーン。

エルサは、実はイーサンが結婚していたことを知って驚きます。

ルーサーは続けて「妻ジュリアを危険に曝さないために、距離を置いている。」と続けます。

そこへイーサンの事実を聞いた直後にイーサンが現れ、深刻な表情のルーサーとエルサを見て「何か問題が起きたか?」と心配します。

もう一人の愛した女性が自分自身であることを知ってしまったエルサは、イーサンを見てとびきりの笑顔になります。

急に笑顔になったエルサを見たイーサンも穏やかな表情になります。良い感じです。

個人的にここが本作の究極の見どころです。

もうひとつ気になるシーンが最後に訪れます。

イーサンが病室で寝ているシーンで、(元?)妻ジュリアが病室から去る時にエルサがジュリアの耳元で何かをささやきます。

音声も字幕も出ないので、何をささやいたかは想像を膨らませて楽しむポイントになりますね。

本作を観た人と語るのが楽しみですが、映画好きの友達が全然いないので上司と語ります!

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

今年の夏は本作に続き、オーシャンズ8、インクレディブルファミリー(上映中)も観に行くので、毎週気分爽快です。

Steins;Gate 0のアニメも観ないと!

映画美術館カテゴリの最新記事