ザッハートルテ比較対決!好みはデメル?ヴィタメール?

ザッハートルテ比較対決!好みはデメル?ヴィタメール?

こんばんは、チョコレート大好きKeiCampbellです。

先日、新宿に初めて落語を聞きに行ったんです。ちんぷんかんぷんかと思いきや、とても分かりやすい!そして面白い!

今年の夏休みの思い出ができました!

そしてもう一つ、初めてザッハートルテというチョコレートケーキを食べました!

ザッハートルテってどんなケーキ?

構造はというと、スポンジ生地にチョコレートがコーティングされていて、その間にジュレのような艶やかな素材が挟まっています。

個人的にスポンジケーキがあまり好きじゃなかったので、ザッハートルテに消極的でした。

でも食べて驚き。スポンジ生地もめちゃくちゃ美味しいんです!

色々文献を調べてみると、かなり長い歴史があります。

1832年のオーストリア、シェフの見習いをしていたフランツ・ザッハーという青年が、シェフの代わりに緊急で作ったのがザッハートルテの始まりです。

詳細はオーストリア政府観光局公式サイトを読んでみてください!

誕生秘話が語られています。

スポンサーリンク

デメル vs ヴィタメール

今回は新宿でゲットできるデメルとヴィタメールというブランドのザッハートルテを食べ比べしてみました。

デメルは新宿伊勢丹、ヴィタメールは新宿小田急デパートで購入できます。

デメルは3.5号(直径約10cm)、ヴィタメールは手ごろなサイズがSOLD OUTしてたので直径15cmの5号を購入。

4号を配送してもらおうと思いましたが、クール便での輸送に+1000円かかる(場所による)ので、潔く男らしく5号を買いました。(5号と同じ値段になっちゃうし)

見た目

包装、箱がおしゃれ!ちなみに箱はメーカーが同じ模様。

持ち帰り時間が2時間を超えてしまったので、表面に包装紙の跡がついちゃいました。失敗です。

断面を見比べてみます。

スポンジ生地の密度はデメルよりヴィタメールの方がぎっしりしてます。

チョココーティングはサイズの差を考えると、同じくらいですね。

本題の味についてですが、見た目通りスポンジはややヴィタメールが固めです。と言ってもさほど差はないですね。

でもヴィタメールの生地はアプリコットの風味がしっかり効いています。おそらく生地に練りこんでいると思います。

一方デメルのスポンジ生地はチョコレート味のみです。

チョコレートコーティング部分は、デメルとヴィタメールで味が全然違います。

ヴィタメールはお酒成分?が含まれている感じです。お酒に疎いのでよくわかりません。すいません。

デメルは純粋なチョコレート+アプリコットといった感じでとても好みの味です。

個人的にはスポンジはヴィタメール、チョココーティングはデメルが好きです。

本場ウィーンの味を知らない私が言うのも恐れ多いですが、今回は僅差でヴィタメールの方が好みであると結論づけます!

お値段

以下にお値段(税込み)をまとめておきます。

もしデメルのザッハートルテを買うなら良心的な0号か3.5号サイズがおすすめです!

チョココーティングの割合が増えるし、コスパいいです!

サイズ デメル ヴィタメール
0号(6.5cm) ¥540
3.5号(10.5cm) ¥2100
4号(12cm) ¥3240 ¥3024
5号(15cm) ¥5400 ¥4104

退屈しない人生のために

どちらも優劣つけがたいのですが、スポンジ生地をより美味しく食べれたヴィタメールの方が私は好みです。

何かの縁でウィーンに行くことがあれば、ザッハートルテ巡りをして最強を決めたいと思います。

それにしても自分の名前がケーキに継承されるなんて、羨ましいですね。

趣味の日記カテゴリの最新記事