「パパ活」という言葉に嫌悪感しか湧かない。自尊心無いの?

「パパ活」という言葉に嫌悪感しか湧かない。自尊心無いの?

こんばんは、日本で子育てするのに抵抗があるKeiCampbellです。

最近日本人の方がノーベル生理学・医学賞を受賞しましたね。本庶さんですね。すごいです!

また平和賞では性暴力と闘う二人の活動家が受賞されました。どちらも外国人で内一人は性暴力の被害者でもあります。

そして今日Yahooニュースで見かけた「パパ活」という言葉に思うことがあるのでメモを残します。

「パパ活」ってさぁ、

こちらのニュースを見て思ったんだけど、「パパ活」って。。

軽い動機「パパ活」女子中高生に横行…性被害も(読売新聞) – Yahoo!ニュース

売春婦とやってること同じだよね。

「パパ活」に限らずですけど、最近新しい日本語が次々に誕生していますよね。

育児放棄のことを「ネグレクト」とか言ったり、「〇〇ハラ」といったハラスメントの類とかです。

こういった言葉って個人的に「ゆるく」聞こえるんですよね。

 

ただの育児放棄なのに「ネグレクト」という言葉を使って”新しい”病気みたいな雰囲気を漂わせる。

「現代人特有のかわいそうな病気なんです!」みたいな。

 

集団で暴力とか恐喝の被害に会った中学生の話もよくニュースで見聞きします。

このときも「いじめ」という曖昧な言葉が使われてますけど、それってただの「傷害」と「窃盗」じゃん。って思うわけです。

多くの人がそう感じてると思いますけどね。

 

同じように「パパ活」も、性的関係があれば”売春婦”活動と一緒だよね?

一緒にご飯食べたり、何か物を買ってあげたりするくらいなら、別にどうでもいいんですけどね。

体の関係があれば売春と同値ですよね。

可愛らしく表現して売春婦活動に対するハードル下げてるから、新規参入する女子中高生が増えるわけですよね。

最初に「パパ活」って言葉考えたの誰なんでしょう?

被害者って誰なの?いるの?

そもそも「パパ活」って被害者いるの?と思っています。

私が大学生で塾講師のバイトをしていた10年前にすでに援助交際してると噂されてる生徒はいました。

相手は知らないおじさんらしいです。

 

金を払う側のおじさんは援助交際していることが会社や家族にバレたら家庭は崩壊するでしょう。そもそも違法。

女子生徒も金はもらえるかもしれないけど、変な病気をもらったり危険な目に会うかもしれません。

お互いそのリスクを自己責任のもとで覚悟して援助交際してるんですよ。責任能力の有無なんか関係ないです。

正直、当事者の2人は被害者ではないと思っています。しいて言うなら2人の家族たちでしょうね。精神的ショックが大きすぎる。

 

知り合いの中学校教員(男)が学校帰りに女子高生とラブホに通ってるのを知ったときはビックリしましたよ。

もし私がその教員の友達なら、私が被害者でしたね。

いい人そうで真面目そうで仕事熱心そうな先生でしたよ。わからないですねぇ人は。

自尊心無い子がやるんでしょうね。

私は「性」って「最後のプライベート」だと思ってるんです。個人的にですよ。

言葉にするのが難しいですが、売春って自分の中の最後の尊厳を、知らない大人にたった数万円で売却するってことですよね。

一度売ったらその人には何も残ってませんよね。自分のことなんかどうでもよくなるんじゃないでしょうか?

 

中には貧乏な家庭に生まれ、大学などの学費を払うために仕方なく売春をしている子もいるかもしれません。

そういう子に対しては「自尊心が無いね」とは言うつもりは全くありません。

言葉にならないですね。

 

会社にいる妻子持ちのおじさんは女子大生のパパ活相手をしていますが、その子はプライドが高いらしいので「食事止まり」だと言ってました。

もはや身近にパパ活関係者がいても驚かなくなりましたが、将来の自分の子供がこんな世界で育っていくと思うと不安でたまりませんね。

スポンサーリンク

ノーベル平和賞と平和な日本

今年ノーベル平和賞を受賞した一人ナディア・ムラドさんは、性暴力の被害者です。

ノーベル平和賞ムラド氏「体験語ることが使命」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

日本という平和な外野から彼女のこと語るのは、何とも差し出がましいので何も言いません。

同じ地球上でナディア・ムラドさんのような境遇の人もいれば、ただただ小銭を稼ぐために「パパ」を探す人もいます。

平和ってどういう状態のことを言うんでしょうね?

退屈しない人生のために

正直、誰が「パパ活」で性的関係を持っていようと私にはどうでもいい話だけど、「最後の尊厳」を売ってしまうほど自尊心を失った理由を知りたい。

自己啓発カテゴリの最新記事