映画感想「初恋のきた道」チャン・ツィイーの可愛らしさとラストシーンは反則レベル

映画感想「初恋のきた道」チャン・ツィイーの可愛らしさとラストシーンは反則レベル

「長江 愛の詩」に続き、美しい映画が観たくなったのでレンタルしました!

中国の超有名女優チャン・ツィイーの初主演作の映画「初恋のきた道」です。

当時20歳の初々しい彼女が拝める貴重な映画ですね。

ストーリーは単純ですが、その分、景色の美しさと純愛さが際立ってます!

初恋を思い出しながら観てください!

【評価】
初々しさ  :★★★★★
明解さ   :★★★★★
一途な愛  :★★★★★

作品情報

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント

キャスト&スタッフ etc.

出演:
チャン・ツィイー(チャオディ:町からやってきた教師に一目ぼれ)
チョン・ハオ(ルオ・チャンユー:村にやってきた教師)

監督:チャン・イーモウ
脚本・原作:パオ・シー
製作国:中国
上映時間:89分
公開:1999年(中国)
原題:「我的父亲母亲

あらすじ

都会で暮らすユーシェンは、父親の訃報を聞き、遥々母のいる小さな農村へと帰郷した。父はこの村の小学校を40年以上、一人で支えた教師だったが、校舎の建て替えの陳情のために町に出かけた際に、心臓病で急死したのだ。

父の遺体を町からトラクターで運ぶという村長たち。だが、母のチャオディは、伝統通りに葬列を組み、棺を村まで担いで戻ると言い張った。葬列を組もうにも、村の若者は出稼ぎに出て人手が足りない。困り果てたユーシェンは、母と父の、若かりし日の出逢いを追想する。
引用:Wikipedia

スポンサーリンク

感想(ネタバレややあり)

ピュアな初恋に笑みがこぼれまくる

家と自然と道しかない小さな山奥の農村で、盲目な母と暮らす19歳の女の子ディをチャン・ツィイーが演じます。

この村にはこれまで教師がいなかったため、ディは字の読み書きができません。

その代わり、料理と織物が得意です。

三つ編みも可愛いし、走る姿もなんとなく不自然で、、可愛いです!

ある日、そんな彼女が住む農村に一人の若い男性教師ルオが赴任してきます。

ディはルオに一目惚れし、その日から彼のことで頭がいっぱいになります。

退屈な学校生活に突然イケメン教師がやってくる感じですね。

ディは彼に少しでも近づくため、普段使ってる井戸ではなくあえて学校の近くの井戸まで水を汲みに来ます。

ディ「彼の声、最高!」

ディは学校の中から聞こえてくる彼の声にぞっこんです。

そして彼と偶然を装い出会うために、彼の通る道で待ち伏せするのでした。

この映画を観ると農村に行きたくなります。

のんびりした生活への憧れが爆発します。

仕事で辛い人生送ってる人はここに逃げたくなりますよ。きっと。

モノクロとカラーでディの心情が伝わってくる

映画序盤、いきなりモノクロ映像で始まります。

最初は別のDVD借りちゃった?とか思いましたが、しばらくするとカラーになります。

あらすじにもあるように、ディの夫である教師(ユーシェンの父)が亡くなってしまったところから話が始まります。

そして母ディの回想シーンではカラー映像になります。

若かりし頃のディは全体的に赤い服を着ていて、特に赤いスカーフが特徴的です。

ルオも彼女を初めて見た時に赤いスカーフを身に付けていたのをしっかり覚えています。

他にも色にまつわるエピソードがあり、彼女の初恋は色鮮やかに描かれています。

冒頭のモノクロシーンでは、彼女の愛する夫はもうこの世にいません。

彼女にとって彼のいない世界はモノクロに見えるのかもしれません。

彼女の母はそもそも盲目で、ディに「ルオのことはあきらめなさい」と言ってしまうシーンは印象的です。

作中では少ししか触れられていませんが、ディの母は夫を失ったときの悲しみで目が見えなくなってしまったようです。

親子そろって愛に生きてます。

尊敬される教師

ルオ先生が農村にやってきたとき、そこには学校がありませんでした。

村人たちはルオ先生が授業ができるようにと、総出で学校を建て始めます。

このとき女性は、その村のしきたりで建築現場には近寄ることができませんでした。不吉なことが起こると言い伝えられていたようです。

その代わりに女性は男性のために食事を作ってあげるのです。

ディも男性のために食事を作るのですが、本当の目的は自分の作った食事をルオ先生に食べてもらうため。

彼に食べてもらおうと奮闘するディが本当にかわいい!

そしてルオ先生は農村で生活するために、ローテーションで村人たちの家を回り食事をします。

村人全員でルオ先生の生活を支え、ルオ先生は村の子供に言葉を教えます。

古き良き時代を感じます。

退屈しない人生のために

チャン・ツィイーがあの手この手でルオ先生に近づこうとする一生懸命さに癒されます。

色々思い出しますね。自分の昔のことを。

ラストもばっちりです!

枯れた心にバケツで水をぶっかけられる気分になると思いますよ!

映画美術館カテゴリの最新記事