【カメラ初心者】夜景写真をCapture NX-DでRAW現像!これはハマる!【NIKON】

【カメラ初心者】夜景写真をCapture NX-DでRAW現像!これはハマる!【NIKON】

こんばんは、カメラ初心者のKeiCampbellです。

最近、カメラ熱が増してきました!

せっかく持ってるNikonの一眼レフを使って、今日は夜景を撮りに行ってきました!

後で自分好みに処理するためRAW撮影しておいたのですが、RAW現像がとにかく楽しいです!

RAW撮影・RAW現像って何?

私も素人なので簡単にしか説明できませんが、「RAW」とは「生」という意味で使われることが多いですね。

技術者や理系の学生ならよく使うはず。「raw data(生データ)ちょーだい!」とか。

 

カメラの場合は、「RAWで撮影する」ということは、通常のJPEGデータと違い画質の調整の全くかかっていない「撮影したそのままの状態」のデータを作るということですね。

そして「RAW現像」というのは、カメラ内で色調補正をせずに得たRAWデータを、自分好みにPC上などで現像することです。

ホワイトバランスを自由に変えられる。

ホワイトバランスは簡単に言うと「白を白くするための補正」ですね。

撮影した環境が、蛍光灯のついたオフィス内や夕方の屋外になると、それぞれ白色が青っぽくなったり黄色っぽくなったりします。

通常のJPEG撮影だとオートでホワイトバランスが決めてくれたり、自分で好みのものを選べますが、撮影後にそれを変えることはできません。

RAW撮影だとホワイトバランスを後でPC上で自由に選ぶことができます。

以下がRAW撮影時(晴天)の画像です。つまり生データです。

生データのホワイトバランスを変えた画像が下になります。

電球(左/上)と色温度7200k(右/下)です。

好みがあれば撮影時にJPEG撮影でもいいですが、後で色んな色味を試したいならRAW撮影が良いですね!他のパラメーターもいじれますし。

露出を自由に調整できる。

露出の調整は、「カメラの撮像素子に入る光の量を調整する」ということですね。

EV(exposure value)という値をプラスにすると撮像素子に入る光量を大きくし、マイナスにすると光量を小さくします。

左/上がRAWデータ、右/下が+1EV(明るめ)の画像です。

撮影時に暗めで撮ってしまった場合、後で光量を(限度はありますが)調整できます。

トーンカーブ(ガンマ)を調整できる。

トーンカーブは、「明暗や、色味の階調と量を表した曲線」です。(下の画像)

横軸が明暗の階調で、左側が暗、右側が明です。

縦軸がそれぞれの明暗の量を表しています。

左側にある白い山は、RAW画像の明暗の量を表していて「暗い部分が多いよ」と言っています。

東京タワーやビルの光が少ないので、右側の明の量が少ないですね。

この明暗の分布をトーンカーブをいじることで調整することができます。

 

上の画像の青い線がもともとのトーンカーブで、明暗の階調を狭くしたときのトーンカーブが白い線です。

トーンカーブを白い線のように、明るい側から暗い側へ狭めていくと、階調の幅が狭くなっていきます。

そうすると、今まで中くらいの明るさだったところが(今回は)とても明るくなります。

元々の階調の幅の真ん中にいた部分が、新しい階調の幅の右側に来るためですね。

そうすると画像は以下のように変わります。

左/上がRAW画像、右/下がトーンカーブの階調幅を狭くした画像です。

階調の細かさは粗くなりましたが、全体的に明るくなりました。

 

トーンカーブを3次関数のように山谷のある形にいじると、明暗が逆転します。

スポンサーリンク

NikonユーザーならCapture NX-DでRAW現像しよう!

私はNikonユーザーなのでCapture NX-Dというソフトで編集しています。

上記の調整画面もすべてCapture NX-Dです。

Nikonの公式サイトから無料ダウンロードできるので、ぜひ遊んでみてください!

今回撮影に使った道具は、カメラが「Nikon D5000」、レンズは「AF-S NIKKOR 55-300mm 1:4.5-5.6G ED」です。

初心者用なのでお安いですねぇ!

撮影場所:世界貿易センタービル

ちなみに今回の東京タワーの写真は、浜松町にある世界貿易センターの展望階で撮りました!

デートにもおすすめ!(デート時はなかなかゆっくり写真撮れないけど。)

展望台シーサイドトップ

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

これから仕事で東京に行くときは三脚とカメラ持参は必須になりそうです。

次のターゲットは東京駅かな!

趣味の日記カテゴリの最新記事