映画感想「ヴェノム」残虐とコミカルの融合!でかくて素早い動きが爽快!

映画感想「ヴェノム」残虐とコミカルの融合!でかくて素早い動きが爽快!

結構楽しみにしていた「ヴェノム」!最近、爽快な映画がなかなかありませんでしたからねぇ。

本作、恋人と仕事を同時に失った正義感MAXの社会の底辺エディと、地球外生命体シンビオートの底辺ヴェノムの友情の物語。

ヴェノムが力強く、予想以上に高速で動いていて爽快!

トム・ハーディとヴェノムとの掛け合いもコミカルで、見た目と中身のギャップ?が良い感じ!

悪い奴をボッコボコにしたい願望のある人は必見ですね!

【評価】
残虐さ  :★★★☆☆
爽快感  :★★★★★
男の友情 :★★★★★

作品情報

キャスト&スタッフ etc.

出演:
トム・ハーディ(エディ・ブロック:ヴェノムに寄生される記者)
ミシェル・ウィリアムズ(アン・ウェイング:エディの元彼女)
リズ・アーメッド(カールトン・ドレイク:ヴェノムを寄生させる人体実験している)

監督:ルーベン・フライシャー
製作国:アメリカ
上映時間:112分
公開:2018年(日本)
原題:「VENOM」

あらすじ

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。

この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。

エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく…。

引用:オフィシャルサイト

予告編

スポンサーリンク

感想(ネタバレなし)

予習不要のマーベル映画

ヴェノムはスパイダーマンなど同じマーベル出身のキャラクターですが、本作はソニーピクチャーズが配給元なのでアベンジャーズとは別世界(別ユニバース)の話です。

したがって事前に観ておかないといけない映画はありません。

ヴェノムのビジュアルに抵抗がなければ、誰でも観れるところが良いですね。

 

原作ではヴェノムはスパイダーマンの悪役として登場しますが、本作はヴェノム一人の映画です。

じゃあ誰と戦うの?という疑問を最初は抱きましたが、そんなこと気にしなくても大丈夫!

何も考えずに観に行きましょう!予習はいりません!

黒いでか気持ち悪い生物が、高速で走り回り悪い奴を食べる映画です!

残虐だけど綺麗

ヴェノムのやること全部残虐なのは間違いありません。

敵をぶっ刺すし、殴るし、頭から食べるし、見た目もインパクト強いけど、血しぶきが一度も出てきません。

殺し方が非常にきれいです。カービィとかマリオの敵のように一瞬でポコッと殺されていきます。

残虐シーンの表現の仕方は「デッドプール」の逆ですね。

 

ヴェノム1作目ということで血しぶきよりも、ヴェノムのネバネバ感や、人とヴェノムの融合時の気持ち悪さを前面に押し出すことを優先していると感じました。

もし2作目があるとしたら、ネバネバを見慣れた人向けに、もっと残虐なシーンが組み込まれるかもしれませんね。

友情が芽生える

本作の見どころは、ただただ残虐な悪が大暴れするシーンだけではありません。

ヴェノムとエディの男同士の会話も、意外とキュートです。

最初は寄生したヴェノムが上、エディが下という主従関係がはっきりしていましたが、次第にお互いに心を開き始め?親友のような関係になっていくところが、私は大好きです。

彼女も仕事を失ったエディにとって、ヴェノムは真の友達です。お互いなくてはならない存在。

まさに「We are Venom」ですなぁ。

友達の少ない私にぴったりの慰め映画かもしれない。

 

最初は敵同士、最後は親友。この流れ、めっちゃ好きなんですよねぇ。

同じテーマの映画、ロバート・デ・ニーロの「ミッドナイトラン」は高校3年の頃20回以上観ましたよ。

感想(ネタバレややあり)

ここから先はネタバレを含む感想を書いていきます。

悪い奴をぶん殴りたい気持ち

たまに「こいつぶん殴りてぇ」と思ったことはありませんか?

学生時代は、狭い家でタバコ吸う父親とか毎日殴りたかったですよ私は。笑

仕事中に6時間もトイレにこもる先輩とか、トイレごとぶっ壊したかったですしね。

どんな人でもぶん殴りたい衝動は生まれてくるものですよね。人間だもの。

 

正義感の強いエディは、自分の非力さのせいで世の中に背を向けてしまいます。

そんなときヴェノムに寄生されるという事故が起き、容赦ないヴェノムの行動に一度は拒否反応を示すものの、物語終盤ではヴェノムと意気投合し悪い奴なら食べてもいいと「殺しのライセンス」を与えます。

もちろん現実世界では相手が悪かろうが手を出した方が「負け」です。

 

本作ではエディは手を出さず、ヴェノムが代わりに手を出す、という形で悪い人を裁きます。

この映画を観た後、特に正義感が強いと「ヴェノムに寄生されたい!」と思った人もいるのではないでしょうか。

ヴェノムの可愛らしさ

意外とヴェノムが可愛いんです。いいやつなんです。

序盤では地球人を食べ物にしか見ていませんでしたが、エディに寄生しているうちに考えが変わっていきます。

見た目と違ってヴェノムたち(シンビオート)は割と知的な生命体です。

特にヴェノムは人間でいうと高校生~大学生くらいでしょうか。

エディのアン(元カノ)を「いい女だ」と言ったり、エディがアンにしたことに対して「謝るなら今しかない。」と助言してくれたりと、人間の友達と大差ないですね。

最後は、ヴェノムの姿になってコンビニ強盗に説教するシーン。言ってることと見た目のギャップが可愛いんですよ。結局頭から食べちゃうんですけどね。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

会社帰りのレイトショーで観ましたけど、観に行って良かった!

「ヴェノム2」はいずれ公開しそうなので、楽しみにしています!

映画美術館カテゴリの最新記事