【書評】情報を活かす力:出来事を知ってるだけじゃニュースは語れないよね!

【書評】情報を活かす力:出来事を知ってるだけじゃニュースは語れないよね!

こんばんは、ニュースに疎いKeiCampbellです。

以前、政治の話題が好きな知人がいまして、ただただ出来事だけを話す人でした。

「だからどうしたの?」と言いたくて仕方なかったのですが、ニュースにほとんど触れない私は言い返すほどの政治知識もなかったのでちょっと悔しい気持ちになりました。

社会人としての基本姿勢として、世の中のニュースに対して自分なりの意見を持っていたほうが良いな。と思ったときにこの本は役に立つはず。

書籍情報

タイトル:情報を活かす力

著者:池上 彰

発売日:2016年06月18日

期待される身につく能力:情報リテラシー・伝える力・質問する力

スポンサーリンク

刺激になった言葉・共感ポイント

インプットは誰かに説明してこそ身になるもの

これは本当にそう思いますね。

私の場合、自分のための勉強だとモチベーションが長持ちしないんですよね。

 

高校の時に数学が同級生より得意だったので友達によく教えていたのですが、そのおかげで自分の理解が十分じゃない部分を発見できたりします。

教えながら自分の知識を整理することができるんですよね。

さらに自分の知識を深めるために勉強の質も上がっていきます。

勉強が単純作業じゃなくなった瞬間が、病みつきになります。

 

人に教えることを続けていると、思いもよらないチャンスをつかむこともあるんです。

私は高校1年のときに学年で一番かわいい女の子に数学を教える機会をゲットしたんです。

他の男子のジェラシーな目線が痛かったですねー。

高校生にとって数学を勉強するモチベーションなんて、こんなものでもいいんじゃないですか?

みんなが聞きたいことは何か?

試合終了後の選手へのインタビューで「優勝おめでとうございます!今のお気持ちは?」といういつも通りの内容に、「そんなこと聞いてどうする?」と思ったことはありませんか?

一方で、「この人いい質問するなぁ。それが聞きたかったんだよ。」という質問を誰かがしたときは、「上手な質問だこと!」と感心します。

 

私のような一般人が誰かにインタビューすることは普段ありません。

旅先で出会った人や新しく入塾する生徒の保護者など、これからの人生で新しく出会う人はたくさんいます。

そんなときに「みんなが聞きたいことは何か?」という意識でいれば、自ずと良い質問ができると本書は言っています。

 

個人的な意見を追加すると、相手の話したい事を掘り当てることをまずは意識しますね。

相手から進んで話す状態にすれば新しい質問も思いつきますし、相手も質問に答えやすくなるはずです。

スポンサーリンク

気になるニュースをアウトプットしてみる。

この本を読んでから、新聞を一日一紙読んでいます。

今まではネットのニュースでしか世界の情報に触れていなかったですし、それで十分だと思っていました。

新聞を購読するほどの価値を見出せていませんが、新聞を読み始めて初めて分かったこともあります。

「何がニュースなのか?」を知る

池上彰さんは新聞記者になってから40年以上、新聞のスクラップを続けているようです。

新聞に限らず長い間ニュースに触れていると、社会が今何を問題視しているのかが分かります。

最近は、「不正」「移民」「増税」に関するニュースを新聞でよく見かけます。

 

Yahooニュースのようなネットのニュースだとタイトルしか表示されていないので、中身まで読んでいなかったんです。

タイトルだけだと出来事しかわからないんですよね。

「何に興味があるのか?」を知る

新聞の一面には、見出しと写真と小さな文字が敷き詰められています。

試しに一紙買ってみると不思議なことに、今まで気にも留めていなかったニュースを読むようになります。

 

例えば、「外国人労働者」の記事が目に入ったとき、「そういえばベトナム(人彼女)にも関係ありそうだな。」と、気付いたら読んでしまっています。

 

新聞よりもネットの方が情報量は圧倒的に多いですが、その中から欲しい情報だけを自分で選別してしまいます。

一方新聞は、自分の興味とは関係なく厳選された最新の情報を手に入れることができます。

すると自分自身が今まで気が付かなかった興味・関心の対象が、明確に姿を現してきます。

 

これはある意味「自分探し」と似ています。

自分探しという名目で海外留学するより、だいぶ安上がりですね。

気になったニュースを記事にしてみる

自分のインプットの質を上げるために、気になったニュースをブログ記事にしてみることにしました。

第一弾は「外国人受け入れ」について。

外国人彼女がいる身としては無視できないニュースです。

「外国人受け入れ」と日本の人手不足問題・他

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

私のようにニュースに疎い人間は、情報源がネットだけだと情報の海に溺れるか、情報に近づかなくなります。

つまり出来事しか知らない情報弱者になってしまいます。

ネットもニュースも信憑性に不安がある声が聞こえますが、今の私にはそれが判断できません。

少しでも正しい情報に触れることができるように、いろんなメディアから情報収集していきたいですね。

自己啓発カテゴリの最新記事