トークが苦手ならガールズバーで練習すれば?の巻&渋谷のイルミ撮影

トークが苦手ならガールズバーで練習すれば?の巻&渋谷のイルミ撮影

こんばんは、ガールズバーに初潜入したKeiCampbellです。

もちろん下心無しです。会社の同期に連れてかれただけです。もちろん。

感想はというと、メイド喫茶よりたくさん話せてキャバクラより格安ですな。といったところ。

ガールズバーでトーク練習

今日は会社の同期の飲み会でした。

5人参加で私含めて2人が彼女持ちで、2人とも相手は外国人。

私はご存知ベトナム人の彼女持ち。そして同期はタイ人の彼女持ち。

東南アジアブームが来てます。笑

今回は彼女がいない同期のS君に二次会としてガールズバーに連れて行ってもらいました。

彼は合コン参加回数が同期の中でトップクラス。

毎週行ってるんじゃないか?ってくらい「この前合コンでさぁ!」が口癖。

合コンが無い日はガールズバーに通っているようです。

正直、金かルックスかトークが必要。

個人的に、女性が初対面の男性の話を聞いてくれるかは、金かルックスかトークが必要だと思っています。

「所詮、金かよ」って思われる人もいると思いますが、、金ですよね。

私もお金好きです。笑

「やっぱ、見た目かよ」 って思われる人もいると思いますが、男も美醜で女性を選びますよ。

私は借金をたっぷり抱えているし、見た目も自信ありません。

なのでベトナム人彼女ができる前は、女性とのトークではボケに回ったりツッコミに回ったり、モノマネしたり、聞き手に回ったりと、まあまあトーク頑張りました。

もちろん合わない人とはとことん合わないですが、相性の合う人が0なんてことはないですよね。

でも相性が合うってわかるのは何回か会ってから。

初対面では相手の性格なんかちっとも分かりません。

何回も会って話して、やっと半分分かるくらいです。

相手の性格を知るためには、そして自分の性格を知ってもらうには、何回も会っていただく必要がるんですよね。

というわけで金もルックスも無いなら、トークで勝負するしかありません。

トークは練習あるのみ

トーク力を磨くには、トークするしかないですよね。

私は高校まで人と話すのがあまり好きではありませんでした。

家で映画とかFFとかマリカーやってた方が面白かったですし。笑

でも大学生になり、バイト先で同僚(大学生や社会人)や生徒と話すうちに、会話が好きになったんです。

トークで人を笑わせたり、相談に乗るのが面白いって初めて思ったんです。

会話を通して、相手の考えを聞いたり、身の上話を聞いたりするのって面白いんですよね。

逆に、聞いてもないのに相手からどんどん話してくるのは、ちょっと苦手なんです。そういう人に限って自慢話が多いし、誇張が多い。

だんだんその人への興味が無くなっていくし、退屈してしまいます。

でも、こういう人とも話したおかげで、どう話せば相手が笑うか、退屈するか、というデータがどんどん貯めることができました。

ガールズは話を聞いてくれる

社会人になると人によっては一気に出会いが減ります。

奥手なメーカー男子なんかは新しい友人を会社外で作ることが困難です。

もちろん私も会社外でできた友人はネットで出会った外国人くらいです。

自分から探しに行かないと出会いなんかありませんよね。

トークの練習がしたくても、新しい練習相手との出会いが無いし、既存の友達とは練習にならないですよね。

そこでガールズバーの登場です!笑

お金を払ってのトークの練習はちょっと虚しさがありますが、英会話教室と同じだと考えましょう。

ガールズバーで働くガールズは、お客さんの話を聞いてくれるよう教育を受けてますし、キャバクラのように高いお酒を飲むこともありません。

そしてメイド喫茶と違って、トークできる時間が長い!

だからと言って自分の話ばかりしてると「会話」にならなくなっちゃうので、相手の話にも耳を傾けてみましょう!

仕事中とはいえガールズも何か話したいことがあるはずですからね。

ちなみに私が最初で最後のガールズバーでお話しした女性は、なんとシュタインズ・ゲート好きでした。なかなか盛り上がれました!笑

スポンサーリンク

【寄り道】渋谷の青の洞窟

新宿での飲み会に行く前、渋谷の「青の洞窟」というイルミを観に行きました。

渋谷駅ハチ公前からマルイ、ディズニーストア方面へ歩いていきます。

すでに青のイルミが街路樹に装飾されているので迷わないと思います。

代々木公園の方まで進むと真っ青なイルミが見えてきます。

これはすごい。。

バイクで突っ走ってみたい。。

今年の12月31日までやってるようです。

退屈しない人生のために

ガールズバーへはおそらくもう行かないと思いますが、ガールズバーのオーナーって儲かりそうですよね。

自己啓発カテゴリの最新記事