【書評】人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている:でも実績は必要なんだよね。

【書評】人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている:でも実績は必要なんだよね。

こんばんは、錯覚資産0のKeiCampbellです。

本書のキーワードである「その人の印象を底上げするパラメーター”錯覚資産”」。

本書を読み終わるころには、結局は何か一つ実績を残さないと錯覚資産は得られない。

楽して良い思いをすることはできませんよ。という現実を教えてくれる本ですね。

書籍情報

タイトル:人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

著者:ふろむだ

発売日:2018年8月9日

期待される身につく能力:世渡り力

スポンサーリンク

錯覚資産は実績をベースに積み上がる

本書を読むと、「錯覚資産を使って実力以上の評価をゲットしようぜ!」というメッセージを感じ取りがちですが、実はもう一つのメッセージが隠れていたりします。少なくとも私はそう感じました。

表向きのメッセージ

本書の表向きのメッセージは「自分の能力をいかに大きく見せるかがセルフブランディングの肝である。」ということ。

最初に一つ実績を積み、そこで得た周囲(上司や同僚)の印象を使い、次の実績を作りやすい環境を作っていく。

そうすれば再び実績を重ねることができ、その人の評価は上がっていきます。

周囲の人たちも「あの実績を出した人だから、今度もやってくれるに違いない!」という期待を抱きますし、「あの人がやったことだから、この結果は素晴らしいものなんだ!」と、場合によっては間違った評価もします。

私の会社にも少ないですけど、実力以上の評価を得ている先輩はいます。

喋りで昇進したような人ですね。

評価するのも人ですから、評価者の感じ方が評価を左右する一因となることは仕方ありません。

でも過大な評価をされた人が「仕事が全然できない」というわけでもないんです。

過去に何かを成し遂げていたり、いざというとき重要な決断ができる人が昇進するものです。

(コネで昇進するクソ野郎も稀にいますけどね。笑)

何が言いたいかというと、自分の実力を誇張して得られる「錯覚資産」だけでは、そう簡単に社内の勝ち組コースには入れないということ。

真のメッセージ

本書では特に触れていないのですが、もう一つ、あえて著者が本に書いていないと思われるメッセージが隠れています。

私のそう感じたというだけですが、そもそも「錯覚資産」を利用するには「元手」が必要であること。

つまり「最初の実績」です。

何もせずに周囲から評価されるという虫のいい話はありません。

必ず錯覚資産のコアとなる「最初の実績」が必要で、それをどう手に入れるかはもちろん本書には書いてありません。

自分の言葉で言うなら「努力の継続」が「錯覚資産の元手」になるんだと思います。

私が大学生のときに塾講師をしていたとき、周りの先生や保護者、生徒から、いろいろな面で期待されていました。

(自分で言うのも変ですが)私が”良い大学”に通っているというだけで、「あの先生なら良い授業をする。」「あの先生なら成績を上げてもらえる。」などと言われていました。

“良い大学”に合格するために、平均的な高校生より勉強に励んだという「努力の継続」がこのような「錯覚資産の元手」になったのでしょう。

錯覚資産のおかげで、自分の実力以上の評価を得た私は、難関校を志望する生徒を多く担当し実績を積み上げていきました。

もちろん、このときの実績も授業準備等の下積み作業を丁寧にこなしたおかげです。

退屈しない人生のために

本書を読んで、「実力が無くても評価してもらえる」と曲解せず、錯覚資産の元手となる「継続的な努力」を怠らないようにしましょう!

その点でこの本は私に、改めて実績を得るまでの努力が大事だということを気付かせてくれました。

仕事と健康カテゴリの最新記事