【ベトナム】ハノイ郊外の町・ソンタイ(Son Tay)へ行ってみたよ!

【ベトナム】ハノイ郊外の町・ソンタイ(Son Tay)へ行ってみたよ!

こんばんは、会社ではベトナムマスター候補のKeiCampbellです。

おそらく出張以外でベトナムに7回も行ってる人、あまりいないんじゃないかな。

マスターを名乗るには普通の観光客が行かないようなところも知っておかないといけないので、去年の12月に彼女の故郷「ソンタイ(Son Tay)」に行ってみました!

ソンタイの見どころ

特に有名な見どころは無いんですが、ベトナム人彼女が育った町なので色々見ておきたいところ。

ソンタイ古城

一つ目はソンタイ古城という200年も前から存在する軍事拠点。

この土地で豊富に得られるラテライトという土壌を使って建てられているようです。

日本の建築物とは違った質感。ざらざらで硬い。

このソンタイ古城は正方形のお堀で囲まれていて、周辺にはスーパー、学校、運動場があります。

ソンタイのシンボルのような存在ですね。

お堀に架けられた橋を渡ると、ソンタイ古城にエントリーできます。

橋はお堀の南側にあります。北側にもあるけど、順路は南から北へ。

最初に現れたのが、てっぺんにベトナム国旗が掲げられているタワー。

スターフォックス64の防衛衛星ボルスっぽい見た目です。(ググってみてね)

タワーの手前左右に正方形の池があり、現地のおばちゃんが二人でぎりぎりのところをウォーキングしていました。

タワーの背後には南門があり、そこを抜けると宮殿があります。ここにかつてのボスがいたのでしょうね。

さらに奥に進むと森の中に道があり、その先には彼女の好きなミグという戦闘機が展示してあります。

ミグは70年前後のベトナム戦争で北ベトナム側が使用していた戦闘機です。旧ソ連製ですね。

HDR合成史上、最も映えてます。笑

古城前のブンチャー屋さん

私と彼女はブンチャーが大好き。

彼女が来日したら日本のつけ麺を食べさせてみたいものです。

今回はソンタイ歴18年の彼女が高校生時代ヘビーユーズしたブンチャー屋さんに行きました。

先ほどのソンタイ古城の入口(南側)の向かいにブンチャー屋さんはあります。

春巻きもついでに注文!

ここのブンチャーはブン(麺)が多め!

スープも適度な甘さと濃さ。

万が一ソンタイに訪れたら、ここオススメです!

彼女の母校

お次は彼女の通っていたソンタイ高校に行ってみました。

赤い壁に金色の文字装飾。ベトナムっぽい、いや共産圏な雰囲気MAXです。笑

校舎はこんな感じで、だいぶ古くなってます。

実は彼女が卒業した次の年に別の校舎に移転したらしく、今は学校として機能していません。

ですが、土日は学習塾として現役で使用されています。

日本の学習塾、予備校業界と同様に、大学受験のために小学生の頃から塾に通う子が多いようです。

スポンサーリンク

ドゥンラム(Duong Lam)への中継点

異国情緒を味わいたいという観光客にとって、ソンタイはドゥンラムという町への中継点になります。

ハノイ中心地でも十分別世界ですが、写真やネットでしか見たことがないベトナムらしい田舎の風景が、ドゥンラムという町には広がっています。

「Doung lam」と検索してみてください。”古き良きベトナム”な風景が見れます。

ドゥンラムへはソンタイから北西に30分ほど歩けば到着します。

次回調査しに行ってみます!

ソンタイへのアクセス

ホアンキエム湖のずっと西にロッテホテルがあります。

そこから徒歩10分のところにソンタイ行きのバス(20B番バス)の発着するバス停があります。

ホアンキエム湖からロッテホテルへ

まずはホアンキエム湖南側のバス停(Hai Ba Trung)からロッテホテル方面へ向かいます。

このバス停で9番のバスに乗り、ロッテホテルの前(Lieu Giai)で降ります。

日本大使館の向かいにあるので、Googleマップで自分の位置を把握しておきましょう。

ロッテホテルからソンタイ行きバスの停留所へ

ロッテホテルから歩いて10分のところに、ソンタイ行きの20B番バスの停留所へ向かいます。

このあたりは日本人が多く住んでいるようで、日本人経営のお店がたくさんあります。

こういうお店はベトナム人大学生がアルバイトしていることが多く、日本語で「いらっしゃいませ!」「30000VNDです!」と言ってくれます。

高架橋の下を歩いていくと20Bバスに乗れるバス停が見えてきます。

他のバスもたくさん来るので間違わないようにしましょう。

ソンタイのバスターミナル

バスで1時間半ほどでソンタイに到着します。

ここから徒歩15分くらいでソンタイ古城に行けます。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

次回のベトナム訪問では彼女の実家や、ソンタイからドゥンラムに行ってベトナムの田舎を味わいたいと思います!

カテゴリの最新記事