【ベトナム人彼女 第15話】彼女の趣味を応援!やりたいことをやらせてみるのが一番!

【ベトナム人彼女 第15話】彼女の趣味を応援!やりたいことをやらせてみるのが一番!

こんばんは、彼女の趣味を模索中のKeiCampbellです。

去年の12月に7回目のベトナム訪問をしてきました!

テーマは「彼女の好きなことをほじくりだす」です。

あまり趣味にかける時間がない彼女の、やりたいこと興味のあることを再発見してみようと思ったわけです。

ベトナム人はサッカー狂

バイクの大行列は必見!

彼女曰く、ベトナム人はサッカーが超大好き!

試合前日にはベトナム国旗や顔に貼るシールが多くの店で売られ始めます。

ベトナムを応援したいけど家にテレビが無い人は、近くのお店や広場に行って大画面スクリーンでみんなで楽しみます。

ベトナムが勝利すると、大量のベトナム人が家から出てきて道路を埋め尽くします。

特にアジアンカップなどの決勝戦で優勝するとベトナム国旗を掲げたバイクで大渋滞が発生します。

日本だと暴走族扱いされそうですが、ベトナムでは日常的な風景です。

間近で見ることができなくて残念だけど、ホテルの60階からバイクの大行列を見ることができました。(300mmの望遠レンズを使用)

1階に降りて観に行けばよかったなぁ。

たぶん私がベトナム駐在員になったらバイク買ってベトナム国旗掲げて一緒に爆走します。彼女を後ろに乗せて。

決勝戦の数時間前、ソンタイ(彼女の故郷)でワイルドなジープを発見。

優勝を見込んだのか国旗をジープに装備しています。日本だったら怖くて近寄れない。

彼女のバーサーカーモードも必見!

ベトナムが勝利すると、彼女は飛び跳ねたり自撮りしたりと鬱陶しくなります。

国家斉唱もしっかりこなす彼女。

私の母(日本人)も試合中キャーキャーわめくので、嫁姑の関係になったとき気が合いそうでとても不安です。

彼女が日本に来たらぜひ母親と二人でサッカーの試合を観に行って親睦を深めてほしいですね。家だとうるさそうですし。

スポンサーリンク

カメラに興味を示す

ベトナム人は写真(自撮り)が大好き!

以前から写真を撮るのが好きな彼女。

いつもスマホで料理や自分自身を撮ってますが、将来は一眼のようなちゃんとしたカメラで撮ってみたいと言ってます。

そこで私が愛用していた旅行用のコンパクトデジカメを練習用として彼女に貸してみることにしました。

PENTAX-Qシリーズというレンズ交換可能なコンデジです。(なぜか値段が高騰してる。)

このデジカメと同じくらい最近のスマホは簡単に高画質な写真が撮れるんですけど、カメラならではの特性値(F値や露光時間)について知ってもらおうという根端です。

まずは壊れるまでたくさん練習してもらって、後々もっと良いカメラを買えばいいですからね。

今気になるのはSONYのα6400。2月22日発売予定なんですが、ベトナム行くお金が無くなっちゃうので我慢。

大抵趣味か何かを始めるときって、良い道具を慎重に選ぶことに疲れちゃって結局始められずに終わる、というパターンが多いんですよね。

そんなことよりもまずは、とにかく撮りまくれ!です。「習うより慣れろ!」作戦。

それでも大きいカメラに興味がいく彼女。

手が小さいので持ち方がいびつ。

動画作成に目覚める

ちょうど私がべトナムに来たタイミングで、学校から「ハノイを紹介する動画を作れ」という課題が与えられたそうです。

彼女が通う日本語学部では、1年生のころからベトナムについて日本語で紹介するような授業があります。今回はその動画作成バージョン。

私が小学生のころ「地元の町を紹介する新聞を作れ」という宿題を出された記憶があります。時代の流れを感じます。

彼女の作った動画はまだ観れていませんが、私の帰国後、ワンシーンだけ静止画を送ってもらいました。

とても顔が丸い。

どうやらこの動画作成の宿題が彼女にとってかなり楽しかったらしく、それ以来いろんな動画を撮りまくってます。

Youtuberデビューも時間の問題になってきました!

彼女の将来性

もう大学3年生の半分が終わろうとしているんですが、卒業後の仕事のことについてはあまり考えられていないんです。

日本だと合同説明会とかエントリーシートとか書き始める時期なんですけどね。

日本語学部を卒業した学生は通訳になることが多いらしいのですが、彼女は通訳にはあまり興味がないと言うので、彼女の将来の仕事についてはかなりの悩みどころです。

個人的には日本のブラック企業に就職されるより専業主婦してもらった方がいいと思っています。というか覚悟しています。

専業主婦は男が思ってる以上に大変なのは理解しているつもりですが、普通に専業主婦をするだけでなく、別で彼女にやりたいことを極めてもらいたい。

だから今の内から好きなことを見つけておいてほしい。と思うわけです。

それがお金になるかは分からないけど、楽しく続けられることを勉強してもらいたいんですよね。

日本は近隣諸国では割と平和で生活水準も高いですし、やりたいことを自分のタイミングで始めることができる環境はそろってますからね。

私的には、日本の生活やら諸々を紹介する動画をたくさん撮って海外の人に見せてあげたいです。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

彼女が日本で暮らすことになったとき、そのメリットを存分に味わってもらうには、日本にいるからできることをたくさんやらせてみようと思います。

まずは写真や動画を撮りまくってもらおう!

どんな作品を生み出すのかとても楽しみ!

ベトナム人彼女カテゴリの最新記事