「令和」はどんな時代になるのか問題・他

「令和」はどんな時代になるのか問題・他

こんばんは! ニュースに疎いKeiCampbellが今週気になったニュースを紹介しながら稚拙な感想も吐いていきます。

今月で平成が終わり、5月から新元号「令和」が始まります。

どんな時代になるのか今からとても楽しみですね。というより、自分にとってどんな時代にしていこうかを考えるのが楽しいですね!

誰のために考え行動するか?

2019年5月1日から新元号「令和」がスタートしますね!

新元号の発表の日に社外へ外出していた私は、運よく山手線の駅で号外をゲットすることができました!

朝日新聞の号外

(ちょっと失礼ですが)マイナーな駅だったので、号外の奪い合いにはなっていませんでした。

典拠は万葉集

お恥ずかしいことに、小学生の時に国語の勉強をあきらめてしまったので、「令和」の典拠である万葉集が何なのか私にはわかりません。笑

自分の日本人としての教養不足が憎い。

このままでは小学生の知識と大差無いのでちょっとだけ調べてみました。

今から約1300年前の日本。

サッカーボールではなく蹴鞠(けまり)で遊んでいたころの時代です。

貴族や防人(さきもり)、芸人のような様々な人たちによって詠まれた歌を4500首以上も集めた和歌集を「万葉集」と呼んでいるようです。

万人の言葉を集めたもの、だから「万葉集」なんですね。

「言の葉の庭」が観たくなってきますね。

「令和」は、この万葉集の中の「梅花の歌 三十二首」という歌から生まれた元号で、実は日本の古典から作られた元号はこれが初めてのようですね。

この「梅花の歌」の解説は私にはできないので、万葉集に明るい人たちの記事を見て知識を深めてみました。

とある京大院卒の評論家によれば・・

私が最初に読んだ解説記事は、強めのタイトルが印象的な京大の院生卒が書いた下の記事です。

要約すると、「人のために頭を使うことの素晴らしさ」が、この「梅花の歌」で表現されているようです。

「利他的になれ」というメッセージですね。

このご時世、自分のことで精一杯で他人のことについて考える余裕が少なくなりがちです。

私も家族、恋人、生徒のことを考えるのがやっとなので、自分にできる範囲で「利他的」になれるよう過ごしていきたいものです。

早速詐欺に使われる「令和」・・

「令和」になるからクレジットカードを更新しないといけないので、暗証番号教えてください!という詐欺が起きてしまったようです。

詐欺する人たちの行動の早さが異常ですね。笑

利他的な人もいれば、詐欺集団のように超利己的な人たちもいるので、気を付けるしかありません。

スポンサーリンク

新時代の異世代間教育

教育業界でも新しい時代に向けて新たな取り組みが始まる予感です。

イエナプランというドイツのイエナ大学発祥の教育法で、異年齢のクラスで活動する仕組みを持つのが特徴になります。

このイエナプランを広島県の公立のとある学校に取り入れるようですね。

イエナプラン教育は実社会に近い?

異年齢の集団で何かに取り組むのは、おそらく高校までだと部活や委員会活動くらいですよね。

普段の授業で異なる学年の人と関わることは、私が子供だったころは滅多にありませんでしたね。

一方、会社に入ると20代から50代の人たちとチームを組んで働くことが当たりまえになり、小中高とのギャップに戸惑った記憶があります。

私は部活をやっていなかったのでなおさらです。

イエナプランによって異なる学年の生徒と活動する機会が増えれば、実社会に似た環境を子供のうちから経験することができますね。

もちろんイエナプランとの相性の良い活動、悪い活動があると思いますが、生徒の過ごす世界が少しでも広がるのはプラスになるはず。

 学習塾でイエナプランを取り入れるなら、

異なる学年が一つにクラスに集まると何ができるか。

学習塾を仕事にしている私ならそんなクラスを作って何をするか、ちょっとだけ考えてみました。

真っ先にやってみたのが、生徒同士の「勉強のやり方討論会」です。

高学年の生徒のほうが勉強の仕方が上手とは限らないので、うまく議論が進むのではないかと思っています。

数学や理科などの科目に関することを異学年同士で話すのは現状難しいですよね。

そこでどの学年にも共通した事項、つまり生徒が潜在的に課題として思っていることを討論させるのが題材として適していると思います。

その経験が会社生活でも役に立つはずですしね。

ただ、先生が解決策を言ってしまうと生徒は受け身の立場になってしまうので、このような生徒同士の討論の場では私(先生)はファシリテーター役に徹します。

先生のファシリテータースキルもアップするチャンスになりますね。

異学年の生徒が集まったらトライしてみよう!

退屈しない人生のために

新聞の号外の裏に、新ウルトラマンの広告がでかでかと掲載されていました。

内容とマッチした広告!笑

朝日新聞の4/1号外裏面

自己啓発カテゴリの最新記事