元学力底辺の副業塾講師がYouTubeで授業を配信する理由

元学力底辺の副業塾講師がYouTubeで授業を配信する理由

こんばんは、副業で塾講師をしているKeiCampbellです。

2019年の2月からYouTubeに授業動画を配信し始めました。

私は新しいことを始めるのに理由が複数ないと体が動かないタイプの人間なんですが、3つ理由がそろったのでYouTuberデビューしちゃいました。

今回は私がYouTubeで授業を配信する理由についてお話したいと思います。

理数系授業チャンネル「LOCAL TRAIN TV」

現在私が運営しているチャンネルは、高校の理数科目の授業をただただ解説するもの。

今のところ教科書レベル~大学入試基礎レベルの授業がメインですが、将来的には生徒の志望校に合わせた大学別の再生リストを作ろうと考えています。

あとは、気が向いたら「宇宙物理学講義」とかもやってみたいですね。くそ生意気ですけど。

今は収益化は度外視で、塾生向けの動画をあげまくる日々が続きそうです。

スポンサーリンク

色々底辺だった私の略歴

サクッと塾講師としてのスペックを。

まずは何が底辺なのかというと、2つあります。

第一の底辺:中学のお成績が足を引っ張る

中1のときの数学は100点満点で30点。

授業態度もクソだったので、内申点もクソ。

従って進学した高校もそれなりのレベルでした。

 

しかし、この高校に通ったおかげで「このままではさすがにまずい」という危機感が生まれ、大学で逆転してやろうと思い立ちました。

運よく同じ志を持った友達が3人もできたので、切磋琢磨し底辺から這い上がることができました。

自分が宇宙物理学を専攻し修士まで進められたのは、高校時代の友達のおかげです。

第二の底辺:大学の学費が払えない親

高校生のときの私は、お金のことは全部親が対応するものだと思っていたので、「奨学金がゲットできないと、お前の進学が危うい」と親に言われたときはビビりました。

私は国立大学1校、私立大学2校が合格していたのにも関わらず、私立を選択するという親不孝をかましたので、年収250万円の父親が泣きました。

そして、未来の自分から奨学金900万円をお借りし、卒業後の返済にビビりながら大学生活を送ることになるのでした。(ただ今返済中。。)

塾講師歴は15年目に

そんな底辺だった私ですが、大学1年のときから始めた塾講師という仕事歴が今年15年目に突入しました。

これまで小学生から教員採用試験を受けるアラサーまで、多種多様な生徒を担当してきました。

0点から100点に成績を上げた子もいます。笑

私が底辺を味わったからこそ、幅広い生徒に(自分なりに)対応することができたのかなと思っています。

ただ、私にはどんな生徒にも共通する教育方針を持っています。

それは「教育=自分を教育できるようにすること」です。
(無限ループに入るよね、とかいう批判は無視します!)

それが大人への一歩なのかなと思いますね。

授業動画を作る理由

私が授業動画を配信する理由は3つ。

塾の生徒のため

現在、理系で進学予定の高校生を個別指導で教えているのですが、以前教えた部分を忘れちゃってることがあるんですよね。

誰しもが忘れるので、そこは復習して徐々に覚えてくれればいいんですが。

 

ただ、同じことを授業することになると、時間がもったいないんですよ。

集団授業ならどんどん進められるのですが、個別だと生徒に合わせないわけにもいかない。

受験まで限られた授業数しかないのに、同じことを教えることの勿体なさ。

 

生徒に一定以上の読解力があれば、教科書や問題集の解説を読んで独力で解決できます。

逆にそうでない子もいるんですよねぇ。文章を読んでも頭に入ってこない子。

後者のタイプの生徒には「授業」という形で教えてあげないと、中々理解してくれないのです。(真に理解してくれるかは定かではない)

 

そこで、自分の授業を録画しちゃえばいい!と思いついたわけです。

単純だけど、なぜか今まで思いつきませんでした。というより動画作成のハードルが高すぎると思い込んでたんですよね。

スタディサプリや東進ハイスクールなど、強すぎる競合がいますしね。

それに、動画を作り、生徒に観てもらう「場所」が思い浮かばなかったんですよ。

ほぼ思考停止していたある日、YouTubeで偶然「大学の理系科目を予備校のように授業しているチャンネル」を発見しました。

YouTubeにはこういう使い方があるのかと驚き、今に至るわけです。

 

既に習った単元の授業を動画にしてYouTubeで配信しておくことで、生徒は自分の好きなタイミングで授業を観ることができます。

私が寝てる時も、会社にいるときも。

これ、すごいことなんですよね。

私が授業一回分の動画を配信するだけで、もう一人の私が寝ずに永遠にその授業をしていることになります。極端に言えば。

ある種の不労所得にもなりえますよね。(無料配信ですけど)

その動画が何十本もあれば、何人力になるのか。

貧困で塾に通えない子のため

YouTube上に授業動画を置いておくことで、生徒に限らず誰もが視聴できます。

全国の塾に通えない家庭の子も、塾講師の授業が受けれます。(私の授業で理解できるかは別問題だけど)

 

学校の授業って、一部だと思うんですけど、予備校に通ってるのが前提で進められているんですよ。

理数科目の授業では、教科書の例題を読むだけの授業があったり、一部の単元飛ばされたりと。

より詳しく学びたいなら、独学か予備校での補填を求められています。

成績を付けることだけが仕事となってる学校が少なくとも存在します。

 

無料の動画授業があれば、このような「親の収入が子の学歴に与える負の影響」を、多少は抑えられるかもしれません。

後々彼女がyoutuberになるため笑

最後に授業とは関係ないのですが、私のベトナム人彼女がYouTubeに興味を持っています。

特に、ベトナム人妻と日本人夫の私生活をさらけ出すチャンネルが好きで、ベトナムでも人気があるようです。

おそらく他の海外の人にも人気があるかもしれないです。

彼女は将来、そういう動画を配信したいとのこと。

私も、そんな嫌とは思わないので、その提案に乗ろうと思っています。

近い将来、ベトナム人彼女との私生活動画が垂れ流されるかもしれません。笑

授業動画は、そのための練習にもなっています。

 

あと、旅行動画も面白そうですよね。

街歩き動画なんかは、シンプルだけど観てると旅行気分になれそうですしね。

ハノイの観光スポット、ホアンキエム湖の周囲は特にベトナムっぽさが味わえるので、今度しっかり録画してこよう。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

果たして高校の数学、物理、化学の授業は何本分の動画になるんだろう。

300本は超えるかもしれないなぁ。

いずれにせよ、、チャンネル登録よろしくお願いします!笑

私は副業塾講師カテゴリの最新記事