【30代×非ITエンジニア】本業へのやる気が0に【転職活動1週目】

【30代×非ITエンジニア】本業へのやる気が0に【転職活動1週目】

こんばんは、転職したことないKeiCampbellです。

かれこれ8年間、新卒で入社した大手メーカーでエンジニアとして働いてきました。

設計開発や品質保証に関する業務、一度だけ商品のコマーシャル動画に出演したこともあります。笑

でも仕事を面白いと思ったことがなく、今年で辞めようと思っています。

仕事がつまらない理由

仕事がつまらないと感じながら我慢して働いている人は少なくないはず。

私も入社1年目の終わりには、やる気が0に収束してしまいました。

理由は大きく2つあります。

1番を目指しても先駆者になれない

具体的な職種は伏せますが、私はある精密機器の設計開発をしていました。

技術の歴史は古く、すでにコモディティ化がMAXに進み、斜陽産業とまで言われています。

 

そんな業界に設計者として就職し、配属当初はやる気に満ち溢れていた私。

今思うと、この部署でこの技術の一番になろうと思っていたのが嘘のようです。

 

なぜ一番を目指すのをやめたのか。理由は単純。

「一番」の人が熱意を持っていなかったから。

人のせいにしていてお恥ずかしいですが、周囲の環境って大事ですよね?

 

一番「なんでこんな会社選んだんだ?」

 

一番の人だけでなく、同じ職場の先輩たちが自分のやっている仕事に熱意を持っていなかった。

「この技術には未来が無い」

「転職したほうがいい」

「他社の特許のせいで手も足も出ない。」

 

そこまで新人に言ってしまうのかと驚きましたが、それが事実だと徐々に理解できたし、私も半年経たずに受け入れることができました。

つまり、やる気が一気に削がれました。

 

この業界はすでに飽和していて、顧客の奪い合いでしか利益を上げることができない。

十数年前は先駆者として稼ぎまくっていた会社なのですが、今では競合他社とパイの取り合いです。

一番が何人もいるようなものです。もはや一番なんか存在しない。笑

やりたいことが社外で見つかってしまった

もう一つが自分の内心からくるもの。

入社1年目の終わりに、自分が本当にやりたいことが浮かび上がってきました。

今まさに副業中の「塾講師」です。

正直、「塾」という言葉はあまり好きではないんですが、知名度の高い呼び名なので仕方なく使っています。

本当は「研究所(ラボラトリー)」と呼びたい。笑

上の記事は、私が副業塾講師になったきっかけについて書いています。

他人から見ればただの昔話なのですが、私にとっては人生が変わった瞬間でした。

 

副業で塾講師を始めてからは、会社の仕事が苦痛になりました。

会社以外で楽しいことでお金を稼ぐと、もう会社の仕事に興味が無くなってしまうんです。(人によっては逆の作用もあるかもしれない)

 

加えて会社での仕事の経験が増すごとに無茶ぶりな業務が増え、残業時間が増え、暴飲暴食が増えました。

何も面白くもない雑用のような実験業務を、休日出勤したり、徹夜でこなしたりと、人としての生活が維持できなくなってきました。

 

一方、楽な部署に配属された同期は、アフター5を謳歌し、ものすごいスピードで昇進していきます。

楽な部署は仕事が少なく社員も少ないので、昇進が早いんです。(私の会社の場合)

 

なので私は会社でのステータスを放棄し、副業塾講師としての生活を最優先することに決めました。

じゃないと嫉妬心で頭がおかしくなりそうだったからです。

私は自分の稼ぎ方を構築します。

スポンサーリンク

居心地が悪くなってきました

最初に配属された設計開発の部署では6年間働きました。

最後はうつ病のような状態になり、精神科医に通いながら出勤し、頭がおかしくなる手前で異動願いを出しました。

もう半分はおかしかったけど、逃げ出すための行動を起こす元気は残ってました。

ここはもっと語りたいところなんですが、あまり記憶に残ってないんですよね。

嫌な記憶は脳が消去してくれるのかな。

異動後も結局やる気は0

2年ほど前に、無事に設計開発から残業10時間程度の品質保証部門に異動できました。

自分の身を守るための応急処置的なジョブチェンジです。

特にやりたいことが会社で見つかったわけではなく。

給料という名のベーシックインカムをなるべく長く貰えるようにしただけ。

結局、今の仕事に熱中することはできず、副業とベトナム人彼女以外のことは記憶から抜け落ちていく。

雑用が増えてきた

最近、人事評価には無関係なのにやらなければならない仕事(雑用)をたくさん抱えてきました。

どの職業にも雑用はあるけど、1週間丸ごと雑用というときもあります。

後輩に女性社員がいますが、あまり積極的な性格じゃないので、雑用は私が処理することが少なくないんです。もちろん彼女も雑用はやりますよ。

でも後輩の成長につながらないし、先輩面したくもないので8割くらい自分で抱えてしまいます。(下手に雑用投げると、後輩辞めちゃうかもしれないし。)

 

自業自得なんですが、そういう雑用を多く抱えると本来自分がやるべき業務に割く時間が圧迫されるんですよね。

派遣さんがいてくれればお任せできるんですが、去年解雇されてしまいました。

シワ寄せがほぼ私に。

 

やる気0なのは申し訳ないのですが、もはや私がこの会社にいる意味も0になってきました。

なぜなら誰でもできる仕事しかしていないから。

今週の転職活動

6月に入り、初めての転職を検討しています。

第一目標は、ベトナムに就職。

どうせやるなら、現状を徹底的にぶっ壊す勢いで。

人生で一度は海外生活してみたいんですよね。健康なうちに。

ベトナムの経済成長に便乗したい。笑

 

第二目標は、神奈川県の土日休みの会社。

これは会社以外の生活を現状維持するのが目的。

あまり変化はないけど、ハードルは低い。

副業の塾講師も、規模を大きくしていきます。

 

まずはDODAやビズリーチ、ベトナムの転職に強そうなサイトに登録してみました。

来週以降、エージェントとの面談を受けてみようかな。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

1週目の活動は転職サイトへの登録だけ。

次週は具体的な職探しをしていこう。

年度内に無事転職できるように活動していきます。

私は副業塾講師カテゴリの最新記事