【書評】GACKTの勝ち方:ファンのメンターでいる覚悟を持て

【書評】GACKTの勝ち方:ファンのメンターでいる覚悟を持て

こんばんは、GACKTと同じ「ガンダム好き」なKeiCampbellです。

つい先日、マレーシアの自宅がテレビで放映されていて、GACKTの生き方が気になっていました。

会社の帰り道に本屋で偶然目に止まり、即買い。

ビジネスでの勝ち方というよりも、GACKTがGACKTであるためにしていることが書かれています。

熱狂的なファンでなくても、読んでいて元気が出てきます。

書籍情報

タイトル:GACKTの勝ち方

著者:GACKT

期待される身に付く能力:自制心

created by Rinker
¥1,650 (2020/07/14 13:34:40時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

GACKTへのイメージが変わった

GACKTのお金の稼ぎ方に興味があって本書を買ったんですが、そういうビジネス本ではなく、彼の生き方に関する本でした。

しかし、これは良い意味で期待外れの内容でした。

 

テレビでは、プール付きの豪華なマレーシアの自宅が公開され、The 芸能人な生き方を垣間見ました。

ミュージシャンとしての土台に加えかなりのネームバリューもあるし、何をやってもビジネスを成功に導けるんだろうなと思っていました。

 

本書を読めば、そんなThe 芸能人なイメージが払拭され、いかにストイックで努力の継続の鬼であることがわかります。

GACKTへのイメージがガラッと変わりました。

特に私はファンでもなんでもないので、余計に感銘を受けた。

GACKTが”GACKT”になるための本

本書では「覚悟」という言葉が頻繁に登場する。

まさにGACKTの生き方を象徴しているような言葉。

覚悟を決めなければGACKTであることはできないし、何物にもなれなかったんだろうなとは思う。

何を覚悟したのか?

GACKTは自分自身とファンは絶対に裏切らないと言っている。

大抵の芸能人はそう言うだろうけど、彼の場合は「ファンは勝手についてくる」ではなく、「GACKTはファンのメンターである」ことを意識している。

ファンが成し遂げたい事をまずはGACKTがやり遂げる。そのための努力を継続することをGACKTは覚悟している。

例えば、ファンの中にはダイエットを成功させたいという人もいる。

GACKTはそういうファンのメンターでもあるから、GACKT自身もストイックに肉体改造をしている。

食事も一日に1回らしい。

 

他にもファンの数だけ”成し遂げたい”数が存在し、GACKTはその最先端を進んでいるのだから、決して楽なことではないはず。

GACKTでいるために

GACKTが”GACKT”というファンのメンターでいるために、彼がどういう考え方で行動しているのか。

それは「自分の1歩前に、理想とする人物を置く」というもの。

GACKTの場合は、ファンの期待に応え、メンターであるGACKTを1歩前におく。

それをGACKT自身がストイックに追いかける。

 

サラリーマンであれば、会社や上司、同僚が期待する人物像を追いかけるように努力すればいいし、どんな人でもGACKTのやり方を自分流に取り入れられるはず。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

私は現役の塾生や卒業した元生徒にとってのメンターであり続けるために、理想の自分を追いかける日々を過ごします!

副業塾講師カテゴリの最新記事