【ベトカノ日記】明日はベトナムへ。移住が脳裏をよぎる。

【ベトカノ日記】明日はベトナムへ。移住が脳裏をよぎる。

こんばんは、ベトナムに8回訪問したKeiCampbellです。

そして明日は9回目のベトナム。

有給を1日消化し3連休と合体し、ベトナム人彼女と4日間過ごす。

実は5か月ぶりくらいなので、今まで一番遠距離恋愛の期間が長かった。

2年付き合ってもドキドキする

大抵、日本人の彼女と2年も付き合ったら、倦怠期が何度か経験すると思う。

私は日本人彼女とは1年半が最長なので、1度目の倦怠期で物語が終わった。笑

 

現在進行形のベトナム人彼女は、遠距離恋愛になることは確定していたし、年の差も一回りある。

それでも付き合うという選択をしてくれた彼女を、最初は疑っていた。正直言うと。

相手は大学生だし、頻繁に会えても3か月に1回だし、彼女が日本に旅行することは経済的事情でありえない。

 

そんなスタートだったけど、今月で付き合って2年経つことに驚いた。

さらに驚いたのは、私がベトナムに行く日が近づくと、彼女がドキドキしていること。笑

ドキドキ!

私もドキドキするけど、それは飛行機に乗り遅れないかなとか、仕事休んで大丈夫かなとか、色々な不安がよぎるからだ。

もちろん、彼女に会いたい気持ちはとても強いので、毎回のベトナム訪問はとても楽しみ。

ドキドキする!

 

ただ、将来2人で暮らすことになったとしたら、このドキドキ感は無くなるのかなぁ。

スポンサーリンク

日本に戻りたくない

一度ベトナムに行くと、仕事から解放されベトナム独特の伸び伸びした雰囲気のおかげで、日本に戻りたくなくなる。

一番は、会社に戻りたくない、だけど。

逆ホームシック

今の会社で働いていても楽しい出来事は起こらないし退屈だ。

たぶん転職したところで本質は変わらない。

 

上司がいて、優秀な同僚もいれば、トイレに隠れるやつもいる。

人間関係でストレスが溜まって、愚痴祭りな飲み会に出席しないといけない。

 

そんなことを考えていると、ベトナムでのんびりセミリタイヤするのもアリだなぁと思う。

もちろん一定以上の収入を確保しなければならないけど。

 

こんなことを仲の良い会社の同僚に話しても、夢物語扱いされるし話が進まない。

きっと、私が今いる環境が適切ではないのかもと思う。

 

ダナン(ベトナム中部の都市)でセミリタイヤしたいなぁという願望を、ある意味真剣に聞いてくれる友人がいればなぁ。

今のところ、彼女と昔通っていた塾のオーナーだけが、私の背中を押してくれている。

退屈しない人生のために

明日は朝5時に起きないと飛行機に間に合わない。

早く寝ないと!

彼女が腹を空かせて待っている。

ベトナム人彼女カテゴリの最新記事