Twitterフォロワーが0人から100人へ。いいねの数でSNS疲れに(笑)

Twitterフォロワーが0人から100人へ。いいねの数でSNS疲れに(笑)

こんばんは、貧弱なSNSアカウントを運営しているKeicampbellです。

最近になりSNSを攻略してみようかなと思ってきました。

2014年にTwitterアカを開設し放置して数年、自作イラストを投稿しながら100人近くまで増えてきております。

ありがたいことです。が、いいねの数とは一体何なのかを考え始めたせいで、少し疲れてきました。

SNS疲れとはこういうことか。

mixiとfacebookは楽しかった。

SNS疲れという言葉が流行った数年前、私が使っていたSNSはmixiとfacebookの2つ。10年前がピークかな。

どちらもリアルな友人同士で繋がっていたので、特に疲れるという経験もありませんでした。

稚拙な日記やアホなポエムを投稿すれば、それなりに”いいね”は貰えたし、ネット上でも良い友人ができました。

 

しかし、最近はmixiもfacebookも最後にいつログインしたのか覚えていないほど使っていません。

特にfacebookは社会人になってからはやり始めたせいもあり、プライベートはなるべく秘密にしようと、投稿の数も減っていきました。

学生の時は楽しめていたのに、少し残念。

代わりに、リアルな友人とは一切繋がらないようにTwitterやInstagramを始めてみたところ、初めてSNS疲れというものを味わう羽目になりました。

”いいね”に価値はない?

Twitterには自作イラストを投稿して、同じようにお絵描き好きな人とつながれたらいいなぁという思いがありました。今もありますけど。

投稿して数分経つと、見知らぬ人から”いいね”が届き始めます。

たまにリツイートもされます。

 

“いいね”は多くて10数件なので、どんな人がくれたかを覗きにいきます。

大抵が同じお絵描き好きさんで、たまに一般人(絵を描かない人という意味で)の方も反応してくれます。

“いいね”をくれたお返しに、こちらも”いいね”を返してあげると、たまにアカウントをフォローしてくれます。

またまたお返しに私もフォローバックします。笑

 

ここ半年はこの繰り返しで、ペースは超ゆっくりですが10月末にフォロワーが98人になりました。(11月に入り100人を超えた)

ちなみにTwitter、Instagram、Youtubeのフォロワー(ch登録者)の推移をグラフにしてみました。

4月あたりからTwiiterが成長し始めました。

しかしフォロワーが増えると必然的にもらえる”いいね”が多くなるのだろうと思っていたのですが、予想は裏切られました。

結局”いいね”をくれる人は、まだフォロワーではない”見知らぬ人”がほとんどです。

だいたい10いいねにつき、多くて2いいねがフォロワーからのもの。

どうやら大抵の”いいね”は、相互フォローのための挨拶のようなもので、相互フォロー状態になった後は当然”いいね”をしなくなることが多い。

 

もちろん、私の投稿が無価値なのも原因ですし、フォロワーでも”いいね”をくれる人がいるので感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝しつつも、心を無にしてフォロー候補に”いいね”をばら撒くのがTwitterの流儀なのかと感じました。

ドライに考えないとSNS疲れでやられてしまいそうです。笑

スポンサーリンク

作品を作ることに集中するべき。

いくら相互フォローの挨拶だとしても、“いいね”をもらえると嬉しい。本当に良いね!と思ってくれてるかもしれないし

真実の”いいね”がもらえるように発信者は自分の作品作りに集中しないといけないですね。

ちなみに10月のアウトプットは、授業動画が21本、お絵描きが4枚です。ブログは7記事。。

もう少しペースを上げたいけど本業に時間を取られると中々難しい。。

退屈しない人生のために

10月は残業の嵐で、動画作成、お絵描き、ブログ更新が滞ってしまった。

10記事くらい書き途中のベトカノ日記があるので、少しづつ完成させていこう。。

一か月くらい会社休みたい。SNS疲れよりも会社疲れが。。

副業塾講師カテゴリの最新記事