奨学金のことでイライラしていた学生時代

奨学金のことでイライラしていた学生時代

こんばんは、奨学金の残債が400万円のKeiCampbellです。

大学、大学院と6年間で借りた奨学金(1種&2種)の総額は約900万円です。

私の人生に大きな影響を与えた奨学金。返済は残り半分を切りました。

今回は、私が大学生だったときの本音を吐き出そうと思います。

元々善人だったと思わないけど、割と闇堕ちしていたのでメンタルが疲れていました。

奨学金の呪い

私は私立大学の理工学部と同大学の大学院に合計6年間通いました。

学費の総額は、学部4年で約700万円、修士2年で約200万円です。

そのほとんどを奨学金で賄ったので、借金900万円で社会人生活をスタートさせました。笑

身の丈に合わない教育

私の周りには奨学金を借りている人は少なく、親が学費を負担している家庭が多かったと思います。

大金持ちな友達はそこまで多くなく、一般的なサラリーマン家庭がほとんど。

 

一方、私の両親は合わせて手取り年収300万円くらいなので、世間の世帯収入の半分くらいかもしれません。

両親は安い給料で日々の生活を成立させるのに必死。もちろん学費の支払い能力は0。

たまに「国立大学なら学費払ってあげるかもしれない」と言っていた。

 

もし私が国立大学に進学していれば、奨学金はもっと少なめに借りていたし、もしかしたら両親に頼らずアルバイトだけで賄えたかもしれない。

 

ちなみに地元の国立大学(建築系)に合格していたのに、それを蹴って私立大学(物理系)に進学したので、親が悲しんだり笑ったりして忙しそうだった。

正直、身の丈に合わない教育を受けようと無茶をしたというわけだが、当時の私にとって「学費」より「学歴」がすべてだった。

 

もちろん学歴がすべてじゃないという意見も理解できる。

しかし、「宇宙をもっと知りたい」という欲求を叶えつつ、安定した大企業に就職するにはどうするべきかと考えた時、私は大学進学しか思いつかなかった。

(大企業が安定しているのは幻になってしまったが。)

失ったもの

無理して私立大学理系学部に通ったことで失ったものはお金だけではない。

 

大学在学中に、当時の彼女が「自分探ししてくる」と言い、4か月の語学留学へ旅立った。

留学費用は100万円を超え(200万円超える?)、それは両親が払ったと聞いた。

 

私にとって学費は自分で払うのが当然だと思っていたので、かなり衝撃だった。

留学から帰ってきた彼女は、特に英語が話せるようになったわけでもなく、”自分”が見つかったわけでもなかった。そして太っていた。

 

当時の私はそれがとても悔しくて、次第に彼女に対して本音で語るということができなくなった。

この悔しさは言葉にできない、未知の感情だった。笑

留学から帰国して4か月、無事破局した。

 

誰も悪くないのに、お金の話になるとイライラが止まらなくなった自分が原因かもしれない。

自分の両親を憎んだし、「親から車もらった!」とか言い出すバイトの友達も処刑したくなった。笑

 

次第に、学費を自分で払っているかどうかが、本音で話せるかどうかの判断基準になっていた。

結果、ほとんど全員が基準から外れ、友達がいなくなった。

スポンサーリンク

ダークサイドからの救出

私は奨学金の呪いにかかり、ダークサイドに堕ちた。

今思うと中2病でした。

 

塾講師のアルバイトをしていたので、”学費”という概念がまだよくわかっていない中学生や高校生が天使に見えた。笑

 

一方、同世代の大学生講師は全員、敵。

むしろ、私がみんなの敵。

 

学費の話をすれば、”学費自分で払ってます自慢”だと思われるので、誰も良い気分にならない。

だから、誰とも話さずにいた。

 

そんな中、負のオーラで纏った私に気さくに話しかけてくれる先輩がいた。

彼は私と違い、負のオーラをまったく出さない人でした。

 

この先輩について語ると本1冊できあがるので詳細は割愛しますが、彼のおかげで”明るく生きる方法”を知ることができた。

ちなみに、数年前、彼の結婚式のスピーチを頼まれて全力で任務遂行したところ、最高に式が盛り上がりました。ちょっとした恩返しができたようで気分良かったなぁ。

この先輩との交流をきっかけに、徐々に奨学金の呪いから解放されていった。(支払い義務は無くならない)

 

会社に入るころにはダークサイドから脱出していて、両親へのイライラもだいぶ冷めていた。

それどころか、中古マンションを買ってあげたり、ピアノを教えたり親孝行に励んでいる。

自分が親になったとき

まだまだ先のことだが、結婚して子供ができてと順調に人生が進んでいった場合、いつか子供が「大学に行きたい」と言うかもしれない。

そのとき親である私は、子の学費を払うだろうか。

 

学費無償化が2020年から開始するが、無条件ではないし完全無償化になるのは国立大学に進学した場合の一部。

世帯年収の制限は380万円以下と厳しめだが、学生自身への制約は少ない。

成績上位3/4に入っていればいいし、まじめに授業に出ていれば問題ない。

文部科学省:高等教育の修学支援新制度

 

今のところ、私の世帯年収(一人)は380万円を超えているので無償化の恩恵はまったく受けられない。

もし大学に行きたいと言ってきたら両親と同様、「国立大学なら払うかもしれない。」と言っておこうかな。

 

一方、世界には生きるのに精いっぱいで学校どころではない子供がたくさんいる。

奨学金も完済の目途が立っているし、近い将来そういう子供たちを支援する側に回ろう。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

過去の私のように奨学金のせいでダークサイドに落ちそうな人には、他人のお財布事情より親孝行のことを考えたほうが明るく過ごせると言いたい。

周囲の友達に奨学金や学費の話をしても、共感してくれる人は極めて少ないから。

完済した後に、どや顔で言えばいい。

副業塾講師カテゴリの最新記事