【ベトカノ日記】就職活動では最初に自己分析を!

【ベトカノ日記】就職活動では最初に自己分析を!

こんばんは、インターンに参加したことが無いKeiCampbellです。

現在、彼女は大学4年生。卒論と就職活動でだいぶ忙しそう。

彼女が志望しているのは日系企業で、日本での就職を目指している。

卒論も日本語で書かなきゃいけないし、履歴書ももちろん日本語。

最近は、就活の一環でとある日系企業にインターンとして働きに行っている。

なんとなく親になった感覚になります。笑

志望理由がわからない!

彼女が大学4年生になり半年。

卒論を書きつつ、就職活動も開始です。

 

日本では大学3年生の後期くらいからES(エントリーシート)を提出したり、面接を受け始めますが、ベトナムの場合はもう少しゆったりしている様子。

 

彼女はまず、インターンとしてハノイにある日系企業で働きたいとのこと。

そのためには履歴書を日本語で作成しなければならないので、お手伝いすることに。

会社のリクルーターをやっていた経験が役に立ちそうです。

3週間に1回くらい風邪をひく彼女。

最初は心配していたけど、さすがに引きすぎ。

予防の意識が低いので、マスク着用を義務付けたい。

 

中国では新型のコロナウイルスが流行ってるし、日本やベトナムにもそろそろ侵入してくるでしょう。

 

さて、彼女が履歴書作成で困っているのは、志望動機と自分の長所。

確かにその通り。

日本人もみんなここで悩むんですよね。

彼女も同様、まだ働いたこと無いのに志望理由なんか見つからないと言っている。

テンプレートになるような文章はあるけど、心から志望していないと上手く書けません。

 

この場合は、視点をもう少し広げると別の書き方を思いつけます。

「私は○○が得意なので、○○の仕事で貢献できます。」とか。

これもテンプレート文章ですが、ただ働きたいです!と言うよりも、お役立ち精神がこもる。

 

そして、これを書くためには自分の長所や特性を知っておかなければならない。

それでは、彼女の長所とは一体何でしょう?

スポンサーリンク

あたしの長所は何?

長所の前に、まずは特技や資格は何があるかというと、

簿記3級とTOEIC(模試)スコア700点台。

彼女が言うには、TOEICの模試はノー勉で700点台。

日本の英語教育の敗北です。。

 

ここらへんの資格やスキルは保有資格の欄に書くとして、志望動機を書くには彼女の長所とやりたいことを分析しないといけません。

一つ挙げられるのが、リーダーシップが取れるということ。

以前、チームで課題をこなすという授業があって、彼女が率先してリーダーを務めていたのです。

リーダーシップを発揮した経験は履歴書に書きやすいし、面接でも話しやすい。

 

次に性格も分析してみます。

性格を一言で表すのは難しいですが、私から見れば、

  • 空腹時は機嫌が悪い
  • 勉強熱心で真面目
  • 粘り強い(諦めない心をお持ち)

と言ったところですね。

あとは、いつも自分が正しいと思っているということかな。独裁的。

 

「責任を持つ」のは性格というよりも、姿勢。

どんな性格だから「責任を持つ」のでしょう?

何事にも積極的なので「責任を持つ」。

ちょっとしっくりきました。

 

でも、よく考えれば、社会人として責任を持つのは当たりまえ。

もう少し別の言い方で表すなら、「自主性がある」でしょうね。

これはかなりの長所になりそう。

そして自主性がある人は、もれなく頼りがいある。

会社の同僚や先輩後輩を見ても、自主性ある人はどんなことでもしっかり考えてくれる。

 

履歴書は、多少盛ったくらいが丁度よいので、こんな感じでOKでしょう。

 

あとは証明写真ですが、、

私も自分で撮った写真で内定もらったなぁ。笑

証明写真って高いから。

退屈しない人生のために

その後、無事履歴書を提出できた彼女。

卒論で忙しい中でのインターンですが、さらなる自己分析もできると思うので行くべき。

私もどこかインターンに参加すればよかったなぁ。

 

次回、「彼女、職場に立つ!!」(仮)

観てください!

 

人気ブログランキングに参加してみました! 下のボタンをポッチしてね!


遠距離ランキング

created by Rinker
¥1,100 (2020/07/16 10:08:25時点 楽天市場調べ-詳細)

国際恋愛カテゴリの最新記事