好きなことで副業するならハードルを下げてみよう。

好きなことで副業するならハードルを下げてみよう。

こんばんは、周りに副業している人がいないKeiCampbellです。

2019年は副業元年と言われていましたが、最近はブームが過ぎ去ったかのように感じる。

それは少し残念ですが、私のように元々副業している人からすれば、流行り廃り関係なくいつも通りのことをするだけ。

一方、私の周囲のサラリーマンたちは副業を始めようとしていますが、最初からハードルを高くし過ぎている気がします。

副業に対するハードルが高すぎる

先月、久しぶりに会う先輩と新宿のパフェを食いに行ったのさ。

冬のボーナスが出た直後だったので、たまには贅沢しようと思って。

男二人で行ったパフェ屋さんは、新宿にある「果実園 リーベル」で、新鮮な果物が店内に飾ってあります。

女性客が多めで、血糖値を忘れてパフェに食らいついている。

 

そんなメルヘンなお店で先輩の近況をヒアリング。

どうやら農業に関する副業を検討中のよう。

具体的には書きませんが、副業にしては規模が大きく難易度が高く感じました。

 

とても元気で行動力のある先輩ですが、本業がある傍ら、規模が大きめの農業副業は軌道に乗るまでかなり大変そう。
(面白そうだから手伝ってみたいけど)

個人的には、副業はとにかく小さな規模から考えることが大事だと思っています。

 

なぜなら、自分で作り上げる副業の場合は始めてみないとわからないことが多いので、まずはスタートのハードルを素早く通過するのが大事。

始めやすさが命なのです。

スポンサーリンク

ハードルの下げ方を考えよう

先輩のように副業の規模が大きいと、始めの一歩がなかなか出せない。

その一歩が出せないと、何も始まらないしお金も稼げない。

先輩の件に限らず、ハードルを上げている原因は他にもたくさんあります。

 

例えば、

本業があるので時間が確保できない。

大金が必要。

スペースが必要。

自分のスキルに自信が無い。

会社にバレるのが怖い。

などなど。

 

まず副業を始めるためには、これらのハードルを下げるかぶっこわさないといけない。

どうやって時間を確保するか。休日返上でもいいのかどうか。

本当に大金をかけないとできない副業なのか。

レンタルスペースでもいいのか。

スクールに行ってスキルアップするか、それとも副業しながらスキルアップできそうか。

なぜ会社にバレるのが怖いのか。無料でやれば怖くなくなるのか。

 

人それぞれ挑戦したい副業は異なるので、ハードルを下げる方法も人それぞれ。

まずはできる限りハードルを下げ、今日の会社帰りや、明日から始められるくらいの簡単なことから始めてみるのがベストソリューション。

 

私が塾の副業を始めた際のファーストアクションは「子供時代に通っていた個人塾に電話をかける」でした。

退屈しない人生のために

単にお金が欲しいなら、好き嫌い関係なく需要のある副業を探せばいいし、残業代が出るなら鬼のように働けばいい。

でも、もし好きなことで副業をしようと考えているなら、最初はとにかくハードルを下げて、明日から始められるようなことに挑戦してみましょう。

先輩のように農業やるなら、まずは小ロット生産からかなぁ。

 

ところで、調子に乗って2800円のパフェを食べたんですが、確かに美味い。

とっても美味いけど、そこまで満足できなかったのが不思議。

高ければ良いというものでもないんですねぇ。

値段と幸福度が完全に比例するとは限らない。

人気ブログランキングに参加してみました! 下のボタンをポッチしてね!


遠距離ランキング

私は副業塾講師カテゴリの最新記事