スマホゲーム(ガンロワ)の時間を英語学習に。ENGLISH JOURNAL購入!

スマホゲーム(ガンロワ)の時間を英語学習に。ENGLISH JOURNAL購入!

こんばんは、スマホゲームからほぼ撤退したKeiCampbellです。

ガンロワというガンダムのゲームを2年くらい無課金でやってましたが、飽きたので撤退です。

他にもやること増えてきたし、ゲームしてる時間が勿体ない。

特に4か月後海外でスピーチしなければならないので、英語力向上に資源を全力投入です。

英語には課金しよう。

ENGLISH JOURNALに挑戦

毎日の英語への接触時間を増やすために、月刊誌を買ってみたんです。

書店でよく見かけるのは 「English Journal」 と 「CNN English Express」 という英語学習雑誌。

書店で立ち読みした結果、私は「English Journal」を買うことに決めました。

 

理由は、「English Journal」 には、 映画関連と1対1会話のトピックがあるから。

 

「CNN English Express」 は世界のニュースをメインに取り扱っていて、こちらもお勉強になりそうですが、映画好きには 「English Journal」 の方が惹かれます。

映画俳優のインタビュー

映画関連のトピックは具体的に言うと、映画俳優のインタビューがまるごと掲載されています。

音声CD(今後はダウンロードになる)、スクリプト、和訳はもちろん、日常で使いやすいフレーズの解説もくっついている。

 

2020年の2月号には、映画「フォードvsフェラーリ」主演のクリスチャン・ベイル(ターミネーター4、バットマンシリーズ)のインタビューが載っています。

彼の英語は速すぎて、私レベルではよくて10%くらいしか聞き取れません。

 

1か月毎日リスニング、音読してれば英語レベルが上がることを期待して、取り組んでみようと思います。

1対1の雑談英会話

もう一つの気になるトピックは「Quick Chat」という、1対1の会話文です。

今月号のテーマは「あなたのおすすめ番組は?」で、「Netflixって便利だよね!」のように日常で使えそうなフレーズがたくさん出てくる。

 

こっちも1か月トレーニングすれば、日常会話で言葉が詰まる回数が減りそうだなぁ。

ちなみにクリスチャン・ベイルよりかは聞き取りやすいです。

難易度は同じ★3になってるけど、どうなんでしょう。

スポンサーリンク

スマホゲーム断ちは少しずつ

スマホゲームを始めて2年。

一日どのくらい時間かけていたかは数えたくないけど、すきま時間も含めると1日1時間はやってたかもしれない。

1年で365時間。2年で730時間。

もしも730時間を英語に費やしていたらTOEICで800点超えしていたり、英語での意思疎通に困っていなかったかもしれない。。

 

去年からスマホゲーム(ガンロワ)にかける時間をだいぶ削減してきましたが、まだ1日10分くらいやっちゃいます。

ログインボーナスのせいなんですよね。

よく考えられてますね、スマホゲームは。

 

ちなみに私は、家でしか使わないiPadにゲームアプリを移植したので、携帯するスマホではゲームできません。

これでかなりゲーム時間を減らすことができるので、ゲーム断ちしたい人はまずはアプリに触れにくい環境を作りましょう。

 

あとは、最近ガシャが幸運過ぎます。

無課金でこんなに当たるとは、贅沢な悩みです。

この運を別の方向に持っていかないと。

退屈しない人生のために

これからアフター5は英語の勉強です。

勉強というより音読の練習。

同僚とかに一人英語部 部長と呼ばれるくらい励みます!

 

人気ブログランキングに参加してみました! 下のボタンをポッチしてね!


遠距離ランキング

自己啓発カテゴリの最新記事