【カルディ】カカオ分70%超えチョコレート比較!一番おいしいチョコを決める!

【カルディ】カカオ分70%超えチョコレート比較!一番おいしいチョコを決める!

こんばんは、カカオ中毒のKeiCampbellです。

ここ数年はカカオ分の高いチョコレートがたくさん登場してきました。

よく見かけるのは、明治の「チョコレート効果」と森永の「カレ・ド・ショコラ」でしょうか。

どちらもカカオ分70%超えなんですが、味はかなり差があります。

最近はカルディにも70%超えの輸入チョコがどんどん登場してきたので、一番美味しいものがどれかを決めたくなってきました。

カルディチョコで一番美味しいのは?

カルディには通常のスーパーやコンビニで売っていない珍しいチョコレートがたくさん売っています。

どれも美味しそうなパッケージなんですが、一つ一つが値段が高く買うのに躊躇してしまいます。

なので、今後迷わなくていいように、今回は5種類をチョイスしてTop of Kaldi Chocoを決めたいと思います。

ちなみに値段はどれも5、600円くらいなので、コスパではなく味で比較します。

 

ただし、Lindt(リンツ)は美味しいに決まっているので除外します。

 

結論から言うと、右から2番目の黒いパッケージのチョコが一番美味しいと感じました!

それでは以下、それぞれのチョコの感想です。

【72%】ICAM(イタリア)

まずはTop画像の左側から。

イタリア産のICAMというブランド。

 

食感は日本のチョコレートより固めです。「チョコレート効果」よりやや固い。

そこまで苦くはないけど、甘くもない。

これと言った特徴が無い。

逆に言えば、安心して食べれる味です。

【72%】 Balance(ベルギー)

Balanceはベルギー産のチョコ。

チョコと言えばベルギーですが、日本のチョコも美味しいので好みが分かれますね。

さっきのイタリア産と全く異なる味。

やや苦みがあって、木の実っぽい味がします。

同じ72%でもここまで差があるのは面白いですね。

カカオの味が違うんでしょうね。

【70%】 VANINI(イタリア)

再びイタリア産のチョコ、VANINIです。

苦みの少ない味。イタリア産は苦みを抑えるのが上手なのかな。

さっきのICAMよりも味が濃いですが、やっぱり強い特徴はありません。笑

【71%】 CARLA(チェコ)

初登場、チェコのチョコ。カーラというブランドです。

今のところ、一番甘味のあるチョコレートです。

苦みが少ないので食べやすい。

暫定1位の美味しさです!

【71%】 The Third World Shop(スイス)

ラストはスイスのチョコレート。

日本語で第3世界ショップ。

フェアトレード系です。

食感が別のチョコと違います。ぽろぽろ砕ける。

そして溶けるのが速い。

一瞬フルーティーな味がします。

苦みは少ないので食べやすい。

 

一瞬柿の種の味もしたけど、これは直前に食べた柿ピーが口の中にいただけかも。

スポンサーリンク

【番外編】容器が欲しくなるチョコ

ハイカカオなチョコ以外にも、カルディにはいろんなチョコが売ってるんですよね。

番外編として、入れ物が良い感じのチョコも紹介していきます。

 

まずは、毎年好評?のツールボックス缶。

 

写真には青と赤しかないけど、緑と黄色もあるんですよ。

中にはボルトネジの形のチョコが4個くらい入ってました。たしか。

 

次は木箱。絵が良いんですよねぇ。

 

これは買ったことがないので、どんなチョコが入ってるかは謎。

ホワイトティラミス8個とありますが、かなり甘そう。

 

次は円筒形の缶。

スティックタイプのチョコが入ってるようです。

 


ペン立てに使えそうですね。

 

そういえば私が小学生のころ、父親がこれより少し大きめの円筒形の缶を使ってドラムを作ってくれました。

蓋を外して、円形に切ったプラスチック板を綺麗に載せると、良い音出すんですよ。

確か図工の宿題だったなぁ。懐かしい。

退屈しない人生のために

今回は5種類のチョコを比較してみましたが、カカオ分70%以上のチョコを食べるときには、ちょっとしたコツがあります。

基本かもしれませんが、

1、口の中は温めておく。

2、一度に口に入れるのは親指サイズまで。

を意識すると、一番美味しく感じます。

冷たいものを飲んだ後のチョコレートはかなり微妙です。(なかなか溶けないから)

一度にたくさん口に入れても苦みが強くなるので、少しずつが良いですよ。

趣味の日記カテゴリの最新記事