だって、すばらしい天気になりそうだもの。

だって、すばらしい天気になりそうだもの。

こんばんは、標高が高めな家に住んでいるKeiCampbellです。

小さなお山の頂上に住んでいるので、ベランダからの景色が絶景なんです。

ベランダに出るだけで外出した気分になってしまうので、休日は家にいることが多いのです。

ただ、良い天気に家に引きこもるのは勿体ないので、お散歩したいのですが、なぜか体が動かない。

動け!なぜ動かん!

ちなみにこちらがベランダからの景色。

プライバシーの関係で陸地は少なめに撮影。

晴れの日は地平線から昇る太陽が拝める。

心が休みたがっているんだ!

休日は副業で授業しに行く以外、ほとんど外出しません。

日常的な買い物は会社帰りに済ませちゃうし、観たい映画も会社帰りのレイトショーです。

用事はすべて会社帰りに詰め込む。

 

そうすると自然と土日は副業と趣味に専念できるようになる。

繁盛期は土曜に6コマくらい授業していたのですが、実は今はその半分くらい。

なので実働は土曜の午前中のみ。

 

空いた土曜の午後には、授業準備やYoutube用の動画作成などやらなきゃいけないことが山積みだけど、時々グダグダしてしまう日がある。

こういう日は副業関係のお仕事には手を付けず、心に従うことにしています。

 

ベランダからの景色を眺め、どこかに行こうかとも思う。

けど今の時期は寒いし花粉も飛び始めている。

 

だからと言って家でできる趣味(お絵描きとかピアノとか映画とか)の気分ではない。

やっぱり外に出たい。

しかし体が動かない。

一度ソファーに横たわると、DALIのスピーカーから流れる宇多田ヒカルが心地良すぎて体が動かなくなる。

 

せっかくの良い天気に引きこもるのは、もったいない、次の日後悔する、と思いながら1時間が経過。

そこでベトナム人彼女にある約束をします。

我ながら女子力が高い。

今どきこんなこと言う女性っているのかなぁ。

 

別に報告相手は彼女じゃなくてもいいんですよ。

よく連絡とり合う友達とか生徒とかに、唐突に「綺麗な花を撮影しに行く」と言ってしまえば自然に体が動き出す。

他力本願みが強い。

スポンサーリンク

その時は迷わずバイクに乗れ。

さて、彼女に綺麗な花の写真を送らなければいけないので、仕方ない、お出かけです。

仮に、花の写真を撮りに行くような女性がいたとしても、そのために化粧する人は皆無でしょうね。

その点、男は楽です。

とりあえず服を着ていればいいので、外出のハードルが女性より低い。

 

それに私はバイク持ちなので、お手軽に遠くへ行けるし、風になれる。

車では味わえない爽快感が良いんです。

行き先を決めずに、ただただ風との対話を楽しみます。

 

20kmほど走り、太陽が山の稜線にさしかかるころ、バイクの停めやすいところに梅の木を発見。

昼間の写真撮影は苦手なので、夕焼けの力を借りて梅の花の撮影です。

本当は赤い梅が良かったけど、白も良い感じ。

花の輪郭が夕日に照らされて自分好みのコントラストが作れました。

 

たった2時間のバイク旅でしたが、やっぱり晴れの日の外出は心洗われますねぇ。

退屈しない人生のために

最後にスナフキンのセリフを。

今日、ぼくらは、とびっきり特別なことをしなくっちゃ!

だって、すばらしい天気になりそうだもの。

ムーミン公式サイト

趣味の日記カテゴリの最新記事