体調不良の嵐。何もするなと仰るのですか?

体調不良の嵐。何もするなと仰るのですか?

こんばんは、体のあちこちが不調なKeiCampbellです。

令和2年は、川を横断中に足を怪我してスタート。

厄はすべて振り払ったと思ったのですが、2月になっても体の色んなところから警報が発令している。

まるで、何もするな、と言われているような状況。

会社は休めないけど、これを機に生活習慣を見直すとしましょう。

眼精疲労は読書のチャンス!

最近デスクワークがほとんどなので、パソコンのディスプレイを常に見ている気がします。

そのせいで毎日、まぶたがピクピクする。

 

なのでパソコン上で読む文書をわざわざ印刷して、なるべくディスプレイを見ないように工夫している。

時代を逆行してるけど、これが私の働き方改革。

ペーパーレス反対です。

 

それでも目の症状は改善しないので、やむを得ずYoutubeの動画作成はお休みしている。(プロジェクターの光が眩しいのです。)

スマホをいじらないので読書がはかどる

動画を作らなくなるし、スマホもいじらないので、その分の時間が余り生活にゆとりが生まれます。

良い機会なので、今までやろうやろうと思っていた読書に時間を使うことにしたんです。

 

ちょっと分厚いけど「GIVE and TAKE」は働いている人になら全員が読む価値ありそうな本。

まだ全部読んでないけど、副業にも良いインスピレーションが得られそうです。

 

もう一つ、「学力の経済学」という幼児教育の重要性とかが書かれている本。

「学力」の経済学

教育系の仕事をしている人、子育てが始まろうとしている人にぴったり。

 

まじめ本だけじゃなく、マンガも。

画力とストーリーが癒される「あそびあそばせ」というギャグマンガ。(アニメ化もしてる)

表紙は可愛らしいが、中身の絵柄はたまにリアルになったり、グロテスクになったり、ギャグになったりと、読んでいて楽しめる。

でも一番楽しんでいるのは作者かもしれない。

 

ちなみに初めて電子書籍として購入してみた。

ebookというサービスですが、土日は10%OFFで買えるのでおすすめ。

パソコン上ででっかくマンガが読める時代になったのですねぇ。

しかし目が疲れる。

ホットアイマスクで目覚めの良い朝を

最近、コロナウイルスの影響と花粉症の時期が重なり、全国的にマスクが不足している。

昨日は、朝の授業を生徒が休んだため、開店と同時にクリエイト(薬局)に行くことができた。

 

駐車場はすでに満車の状態。

店内のマスク売り場に人だかりができていて、店員が「お一人様お一つまでです!」と必死だった。

 

正直、こういうところには混ざりたくないのだが、母親のマスクが切れたので仕方がない。

醜い争いに参加です。

 

買えたのはもちろん一つだけで、その後もう一軒クリエイトをはしごして、自分用のマスクもゲット。

去年の12月に買った65枚入りのマスクが600円くらいで、昨日買った7枚入りが300円くらい。

誰かの手の上で転がされている感が否めません。

 

マスクだけ買うのも勿体ないので、よく使うホットアイマスクも購入。

会社で残業前だったり、夜寝る前に使います。

朝起きた時に明らかに目がすっきりしているので、やめられなくなる。

 

早くまぶたのピクピク直したい。

スポンサーリンク

顎関節症はダイエットのチャンス!

2月に入ってから、顎を開くと顎関節のあたりが痛むんです。

チョコレートより固いものは食べてないし、殴られてもないのに顎が痛い。

 

痛みが出ないように食事するんですが、歯と歯の間を1cmくらいしか開けれないので、でかいものが食べれない。

1cm制限があると、まるで乳幼児に食べさせるように、細かく刻んで口にいれないといけない。

それも面倒になってきたので、最近はゼリー食ばかり食べがちだ。

 

もしかしたら食べ過ぎへの警告なのかもしれない。

退屈しない人生のために

コロナウイルスが落ち着くまで、余計な外出は控えて本でも読んでいましょう。

目、顎に続き変なウイルスに感染したら、本当に何もできなくなりそうですし。

自己啓発カテゴリの最新記事