樹齢20世紀、桜界の女帝「神代桜」に謁見してきました。【山梨】

樹齢20世紀、桜界の女帝「神代桜」に謁見してきました。【山梨】

こんばんは、後輩の女の子に「バイクに乗るのが好きなんですかぁ?」と聞かれた時、普通に答えるのはつまらないから「男は風にならなきゃいけない時があるんだ。」とかましているKeiCampbellです。

誰しもが目的もなく散歩したい気分に陥ることはあるでしょう?

そんなときに外は晴天でちょうど桜が見頃だと、高速道路をバイクでぶっ飛ばしたくなるんですよねぇ。

日本最古の桜「山高神代桜」

関東地方では桜が満開の時期なのですが、夜間のライトアップイベントは新型コロナのせいで軒並み中止。

今年は趣向を変えて、昼間の桜を拝みに行くことにしました。

 

アクセスが簡単なところは人が集まりそうなので、目的地は山梨の山高神代桜。

なんと樹齢2000年、日本最古の桜です。

家からバイクで2時間の価値はありました!

 

山は守ってくれる

神代桜は山梨県北部の実相寺の境内にあって、実相寺の周りは一面の畑と、家が点々と。

そして都会ではまず見られない、南アルプスの山々。

桜を見に山梨まで来たけど、雪をかぶった山脈に目を奪われますね。バイクに乗っているときも満開の桜をたくさん見かけたけど、遠くの山を眺めながら走っていたし。

 

エストニア人のイケメンの友達が以前、「日本は山が多いから、日本に住んでいると守られている気分になれる。エストニアには山がほとんど無いからね!」と言っていたのを思い出しました。

私は、守られているというよりも、山の向こうから何かがやってくるという感覚のほうが強いかな。インデペンデンス・デイのUFOとか。

桜の意思は?

実相寺の門をくぐれば一面の黄色いラッパ水仙と満開の桜がお出迎えしてくれます。天気に恵まれて本当に良かった!

実相寺はそんなに広くないので、1~2分くらい歩けば神代桜に到達です。

まず、幹が太い。太すぎる。

今まで目にしてきた「木」とは違うオーラを出しています。「魔女が住む森にあるしゃべる木」のような雰囲気。

木自体に性別はないのだろうけど、なんとなく女性感があります。

2000年もの間、絶えず桜の花を咲かせ続けているという「生」が、そう感じさせてくれているのかも。

 

2000年前の弥生土器とか、1万年前の遺跡とかは間違いなく時の流れを感じさせてくれるけど、この神代桜は2000年間”生きている”ということに驚きを隠せません。

もし動物のように桜にも何かしらの意思があるとすれば、何を考えているのかなぁ。と妄想してしまう。

誰かと一緒に見に来ていればそういう話ができるのだけどね。

 

ちなみに、神代桜の幹の上のほうにたんぽぽが咲いていました。

調べてみるとたんぽぽの花言葉は「幸福」とか「愛の神託」らしいので、見つけられた人は良い年になるかもね。

スポンサーリンク

おすすめの寄り道コース

神代桜を観に行くついでに寄り道しておくとハッピーになれるスポットを紹介します。

特に私は片道2時間+高速道路代がかかっているので、寄り道は必須です。ケチくさいと言われようが関係ない。

樹齢300年超!存在感はんぱない「わに塚の桜」

東京方面から高速道路(中央道)を通ってきた場合、韮崎IC(にらさき)で降りるのがおすすめです。

韮崎ICからバイクで10数分のところに、樹齢320年の1本桜が君臨しています。

とにかくでかいです。

おそらく300年間、メインの幹が折れることなく成長し続けています。

中学高校時代にこのあたりに住んでいたら「好きな女子に告白する場所ランキング」堂々の一位に選んでいたと思います。

ちなみに近くには韮崎西中学校があります。羨ましい。

 

道の駅「白州」のつきたて餅がやばい

「わに塚の桜」を見た後、20号線を北上し「神代桜」を通過したところに「道の駅 白州」があります。

私が道を間違えて、神代桜を通過してしまったおかげで発見できました。

「道の駅 白州」に寄ったらぜひ食べてほしいものがあります。

それがこちら。

つきたてのお餅にごま、きなこ、あんこ。最強の組み合わせです。

しかもつきたてだけあって、温かいのです。

6個入りで400円ですが、美味しすぎて安く感じます。

 

他には現地の野菜や干芋、果汁100%ジュースが売られています。

干芋は家族の大好物なので即購入。

 

ぶどうジュースは塾のお土産に。

デザインがシンプルで面白い。ぶどうの絵が描きたかっただけでデザインは無視って感じね。

 

そして山梨と言えば「信玄餅」ですね。

極上とか限定とかに弱いので購入。財布のひもがゆるすぎてピンチです。

 

均一な柔らかさに加え、高級感のあるきなこと黒蜜。美味すぎ。

 

退屈しない人生のために

桜とお餅は最高だったし、高速道路はガラガラすぎてノンストップで突っ走りました。

久々に風になることができて満足です。

次はどこに行こうかなー。

旅行記カテゴリの最新記事