在宅勤務でもコミュニケーションは密に!【新型コロナウイルス】

在宅勤務でもコミュニケーションは密に!【新型コロナウイルス】

こんばんは、知らない番号からの電話は絶対に出ないKeiCampbellです。

そもそも電話がきても音もバイブも鳴らないので、着信に気付くことがありません。

しかし今日は在宅勤務を終えた直後、スマホを見ていたら知らない番号から着信が。

もちろん無視しましたが、1分後にもう一度着信。

もし友達ならLINEで連絡してくるはずなので、間違いなく敵だ。

着信の翌日

いつも通り着信は無視し、番号をネットで検索します。

だいたいは不動産営業とか通信業者の名前が出てくるのですが、今回は090から始まる番号ということもあり、検索でヒットせず。

 

そのまま着信のことは忘れ、ドラマ「ブラックリスト」を観たり、生徒からの質問に答えたりして就寝。

そして翌朝、着信の相手が判明した。

 

翌朝は所属チームのテレビ会議があり、上司の連絡事項から始まる。

上司「改めてのルール確認だが、在宅勤務期間では業務の開始と終了のタイミングで、メッセージを送ること。」

 

もちろん私はちゃんとメッセージを送っているし、同じチームの後輩もそうしている。

今更なぜこんな簡単なルールを再確認するのか疑問だった。

 

そしてチームメンバーの業務進捗報告が終了し、会議は終わろうとしていた。

そこで上司が、一言私に話があると言い、1対1のテレビ会議が始まった。

 

上司「実は昨晩、電話したんだよね。」

私「Σ(゚Д゚;)アラマッ すみません、イケてるドラマに夢中でした。。」

 

上司「そうだろうと思ったんだけど、実は別のチームで音信不通の社員がいたのだ。」

私「(なるほど、だから勤務ルールを確認したのか。)察するに、私の家の近くに住む社員で、バイクで様子を見に行ってほしい系、ですか??」

 

上司「その通りなんだけど、結局別の管理職が見に行ったので、無事を確認した。社員のお母さんにも電話しちゃったよ。笑」

私「次回からは私がバイクで様子を見に行きます。」

 

上司「お前、電話出ないじゃん!笑」

私「気づいたら出ますよ!笑」

上司&私「笑笑」

スポンサーリンク

在宅勤務で気を付けること

というわけで、着信は上司からで、在宅勤務しているはずの社員が音信不通になったので、バイク乗りの私に様子を見に行けという案件でした。

 

さて、音信不通になった理由は新型コロナかと思いましたが、そうではなかった。

どうやら2週間続く在宅勤務のせいか、メンタルを少しやられたようで、会社への業務開始&終了連絡をすることができなくなってしまったようだ。

 

実は、傍から見て少しメンタルが弱そうな青年(20代後半男性)だなぁとは思ってたんですよ。

 

でも監視の無い在宅勤務なわけだし、ちょっと息抜きしてもバレません。

真面目な性格なのか、それとも元々向いてない仕事をしているのか、原因は不明。

 

しかし管理職という立場からすれば、部下が見えないところでメンタルをぶっ壊しているとしたら、気が気でないでしょう。

監視まではいかないまでも、在宅勤務中も同僚同士でコミュニケーションを絶やさないことが、再発防止になるはずだ。

それでも知らない番号の着信には出ませんけど。

退屈しない人生のために

ところで在宅勤務のおかげで、昼休みの1時間を有意義に過ごせるようになったのです。

1時間あれば、授業動画を撮影(20~30分)、アップロード作業(15分)、昼ご飯(15分)と、今まで怠けていた動画作成がはかどりまくるのです。

GW明けもしばらく在宅勤務が続きそうなので、副業が良く育つ。

 

写真はバイクでお散歩中に富士山を発見した日の一枚。

5年ぶりくらいに今年登りに行こうかな。コロナ次第ですが。

自己啓発カテゴリの最新記事