アラサーが運動+カロリー制限ダイエットを始めて2か月【ダイエット記】

アラサーが運動+カロリー制限ダイエットを始めて2か月【ダイエット記】

こんばんは、特に苦労せずにダイエットしているKeiCampdellです。

ジムも市民プールも休みなので、筋トレ・運動不足です。

しかも4月上旬から在宅勤務が再開され、通勤時のチャリと歩行での運動量も0になりました。

そして恐れていた事態に直面しているところです。

在宅勤務中のみなさん、最近体重計乗ってますか??

2か月で4.0kgの減量

実はダイエット開始6週間で4.3kg減量していたのですが、今は停滞しています。

青いプロットが今年の体重推移です。

4月の上旬から在宅勤務が始まったのと同時に、体重の減少が止まりました。

むしろ少し増えました。

 

通勤時の運動分や、会社内での移動分が0になったせいです。

さすがにカロリー制限していても、家にずっといればこうなりますね。

 

ということはカロリー制限せずに在宅勤務していたらどうなっていたことでしょう。

在宅勤務明けに同僚を見るのが楽しみです。

みんな豚さんになってるんだろうなぁ。

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期は4kg減量時?

さて、運動量が減ったのも停滞の理由の一つですが、もう一つ考えられる理由があります。

もう一度グラフを見てもらい、グレーのプロットに注目してみましょう。

グレーは、2017年度にダイエットしていたときの体重推移です。(時期は10月~12月ですが、スタートを合わせてグラフに重ねています。)

 

当時は76kgからダイエットを開始し、6週間後に72kgになっています。

つまり減量した量は今年と同じ。

しかも2017年度も6週間経った後、減量が停滞しているのです。(およそ1か月に1kgしか減っていない。)

 

このときは水泳のみで痩せようとしていて、特に在宅勤務をしていたわけでもありません。

つまり運動量は確保していたのですが、体重が減りにくくなっていた。

おそらく「これ以上は脂肪を減らさない方が良い」と、私の体の健康システムが判断し、脂肪燃焼を抑えたのでしょう。(個人的な見解)

 

この健康システムの判断が、私の場合「4kgの減量」で作動するようになっている。

 

そして、このスイッチがoffになるのは、2017年の経験からすると停滞から1か月後。(1か月後にまた減り始めている。)

 

以上から、従来の「目標1(赤細点線)」は達成困難なので、柔軟に「目標2(赤太点線)」に変更です。

GW明けくらいから、健康システムのスイッチがoffになるので、そこから体重が減り始めるでしょう。

 

あとは、(サボっていた)毎朝の山登りランニングを再開し、不足しがちな運動量を確保します!

退屈しない人生のために

ちなみに2017年度のダイエットでは69kgまで痩せました。

その後2年の歳月を経て、9kg太りました。

自分のだらしなさに嫌気がさすぜ。

 

そういえば最近晩酌をしている。

ドラマ「ブラックリスト」を観ながら、チョーヤの梅酒をロックで。

ちょっとだけだし、これで太りはしないだろう。

自己啓発カテゴリの最新記事