【Photoscape】ブログ用アイキャッチ画像の効率的なアスペクト比の揃え方とロゴの挿入方法

【Photoscape】ブログ用アイキャッチ画像の効率的なアスペクト比の揃え方とロゴの挿入方法

こんばんは、ブログに載ってる写真はすべて自作のKeiCampbellです。

おしゃれな写真がフリー素材としてネット上に置いてありますが、私はブログで使う写真を自分で撮影しています。

しかも(無駄に)ロゴを入れたり、アスペクト比やサイズを揃えているので、画像編集に費やす時間が他のブロガーよりやや多いかも。

しかし「Photoscape」があれば単純作業の部分は一括で片付けられます。

Photoscapeでの作業プロセス

Photoscapeダウンロード先リンクはフリーで使える高機能な画像編集ソフトです。(2020年5月現在の最新verはv3.7)

この記事では、私がブログ用のアイキャッチ画像や記事中の画像を、どのように編集しているかをPhotoscapeの機能と一緒に説明していきます。

左上の「画像編集」タブを選び、ピンク枠の部分の機能を使っていきます。

もちろん、ここで説明する以外にも多くの機能があるので、自分でいじって遊んでみてください。

色合いの調整

まずは撮影した写真をお好みの色合いになるよういじっていきます。

ここで使うのが「フィルム効果」で、あらかじめ用意されてるフィルターを写真に適用します。(LINEやInstagramにも似た機能がありますね)

上の画像に映っていないものも含めて、全40種類あります。

青っぽくしたり、黄色っぽくしたりとブログ記事や写真の雰囲気にあったフィルターを選んで、自分好みに仕上げましょう。

ちなみに私は「交差現像」が好み。(クロス現像とかクロスプロセスとも呼ばれますね)

アスペクト比(縦横比)の調整

色合いの調整が終わったら、必要に応じてアスペクト比を変えます。

「トリミング」のタブを選択し、狙いのアスペクト比を選びます。

私のブログのアイキャッチ画像は16:9で統一しているので、ここで16:9にトリミングします。

上の図のとおり、多くのアスペクト比が用意されています。

Instagramなら1:1がよく使われるかな?

 

「16:9」を選ぶと、その比を維持しながらトリミング領域を拡大縮小できます。

画像サイズの調整

トリミングが完了したら、次は画像サイズの調整です。

あまり容量の大きい画像(例えば4000px×3000pxとか)は、webページの読み込みに時間がかかるので、ブログ用の画像として適切ではありません。

 

そこで、ある程度画像サイズを小さくするために「ホーム」タブ「リサイズ」を選択し、画像を小さくします。

「リサイズ」の右側にある小さな矢印を選択すると、上の選択肢が出てきます。

私がいつも選んでいるのは「より長いほうを減少:1000 px」で、言葉の通り、画像の長い辺を1000 pxになるよう縮小する、という意味です。

(すでに1000 pxより小さい画像の場合は、グレーアウトして選択できない)

これでjpgファイルの場合は100~300 kBになります。

pngファイルだと1MBくらい。

 

特に繊細な写真・画像でなければjpgで十分でしょう。

ロゴの挿入

最後にロゴの挿入になります。

自分で撮った写真なので、一応サインの代わりにロゴを入れています。(無断使用はご遠慮くださいね笑)

 

ロゴの挿入、という機能はなく、「オブジェクト」タブPhoto挿入という機能を使います。

あらかじめPower Point等で作っておいたロゴ(png推奨)を選択し、不透明度とアンカー(位置)を調整します。

 

どうでもいいことですが「Local Train Laboratory」はこのブログの最初のタイトルです。

 

以上の作業で、1枚のブログ用画像が作成できました。

できあがりはこんな感じ。

スポンサーリンク

単純作業の一括実行

さて、ブログの記事を一つ作成するごとに数枚、多くて十数枚の写真を上記の通り編集します。

色合いやトリミング位置については、画像1枚1枚丁寧に行う必要がありますが、サイズ変更とロゴ挿入は完全な単純作業です。

 

そこで、Photoscapeには「一括編集」というモードがあり、これを使うと複数枚分の単純作業が一瞬で完了します。

上の図の左上のタブ群から「一括編集」を選択し、ピンク枠の部分をいじっていきます。

今回は4枚分の写真を選択し一括編集します。

サイズの調整

まずはサイズを長辺1000 pxに縮小します。

これで4枚分の写真が縮小できました。

ロゴの挿入

ロゴの位置を「左下」などに統一している場合は、サイズ同様、一瞬で作業完了です。

データ保存

編集が完了したら、データを保存です。

「すべて置換」を選び、ファイルの保存先で一番上にチェックを入れ「保存」を押します。

元データと同じディレクトリ(フォルダ)に新規の「output」フォルダが作られ、そこに編集済みのデータが保存されます。

 

「output」フォルダにちゃんと画像が入っていますね。

退屈しない人生のために

自分でブログ用の画像を用意するとなると時間はかかりますが、ブログの世界観に自分色を映し出せます。

私は日頃から写真を撮っていて、ブログに使えそうな写真を一括で編集しています。

今回の4枚はどれも曇りの日に望遠レンズ(300mm)で撮ったものです。

 

1、ベランダからの景色

2、近所の猫(本記事のアイキャッチ画像)

3、屋上のカラス

4、ブランコ

 

曇りの日はコントラストが足りないので好みの写真が撮りにくい。

そんなときは望遠レンズを使ったり、幾何的(図形的)に面白い構図にすると、映える写真が撮れるかも。

趣味の日記カテゴリの最新記事