【登録者数 100人→150人】教育系YouTuberを始めた副業塾講師の記録

【登録者数 100人→150人】教育系YouTuberを始めた副業塾講師の記録

こんばんは、細々と教育系YoutuberをしているKeiCampbellです。

2020年の6月で、動画投稿をして1年4か月になりました。投稿した動画は280本、登録者は150人に到達しました。

学校の5クラス分の人数と考えれば、片手間の割には頑張ってるほうなんじゃないかな!

これも一重に時々いただく嬉しいコメント達のおかげです。感謝。

先月は怒涛の45本投稿

さて、登録者数0人から50人へは、おおよそ9か月かかりました。

50人から100人へは、おおよそ4か月。

そして今回、100人から150人へはおおよそ3月半です。

ほんのわずかですが登録者数の増加スピードが加速しています。

 

下のグラフの赤プロットを見れば分かるように、増加の具合がほんのりアゲアゲになっています。

今年の3月4月は動画をほとんどあげていなかったので、登録者数がフラットになっています。

これを考慮すれば、毎日1本投稿しておけば、もうちょっと早く150人を達成できたかもしれません。

 

ちなみに5月は45本も投稿したりTwitterの力を借りてみました。

私のチャンネルとTwitterアカウントでの場合ですが、おおよそTwitterのフォロワー(主に勉強垢)が3人増えると、チャンネル登録者が1人増えるという割合です。

 

もちろん絶対そうなるというわけではなく、あくまでフォロワーと登録者の人数増加を比較しただけのことです。

 

Twitter以外では、動画本数が増え、YouTube内での検索ヒット数が増えたことも考えれます。(むしろこっちが支配的でした)

 

私のアカウントの場合ですが、圧倒的にTwitterからよりも検索のほうがアクセスが多いです。

なのでTwitterの勉強垢フォロワーを増やすのは、手段としてバッチリとは言えません。

 

やはり、タイムラインに流れてくるツイートから授業動画を観に来るよりも、自発的に検索して観てもらう方が、登録者数upに効果的でしょうね。

それに勉強のモチベーションとしても、そのほうが自然です。

 

というわけで、6月以降は無理なくできる「毎月30本」を目標に投稿していくことにします。

「45本」はやってみてかなりきつかったので。。。(ピアノの練習ができなくなる)

 

8月中には200人、12月で500人、来年3月で1000人になってると嬉しいなぁ。

高校の校門の前で「Ch登録お願いしまーす」って叫びたい。

スポンサーリンク

ブログの毎日投稿、始めました!

動画が毎月30本なので、ブログも同様に毎日投稿にしてみました。

 

さすがに毎日ブログネタを考えるのはきついので、韓国ドラマ「愛の不時着」の感想を1日おきにぶちこんでいます。

 

YouTubeと両立するには、こういったズルも許容しないと継続は難しい。。。

退屈しない人生のために

このチャンネルは「教科書」×「入試基礎問題集」という位置付けで育て上げたいので、無理せず奮闘していきます。

弱小YouTuberは、まずは継続と改良が大事!

副業塾講師カテゴリの最新記事