家族で徹夜。両親の結婚当初の話を聞き、結婚願望が蘇る。

家族で徹夜。両親の結婚当初の話を聞き、結婚願望が蘇る。

こんばんは、徹夜明けのKeiCampbellです。

昨晩、久々に家族(両親+弟)が私の家に集まった。

そんなときは4人で映画を2本観るのがルーティンだが、今回は祖父母の代から伝わるトランプゲームで徹夜することに。

ジャズを流しつつ梅酒を飲み、両親の結婚初夜の話をつまみにする。笑

そこで改めて知る家族の絆と、蘇る結婚願望。

挙式直後のハネムーンは縁起悪い?

私の両親は結婚して40年以上経つ、ベテランの夫婦だ。

 

結婚する前の父は、ジャズ風なキャバレー?でバイトをしながらギャンブルでも稼いでいた。

当然その日暮らしのような生活なので、空腹に堪えられないときは同僚のバニーガール(うさ耳+黒タイツの女)に飯をおごってもらったこともあると聞いた。

ギャンブルは主に麻雀とトランプ(ポーカー)で、それに必要な金を稼ぐためにバイトしていたのである。

 

今の時代を生きる私にとってはゴミ人間的だが、ギャンブルで勝ったときは、バニーガールや金をむしり取った麻雀仲間に飯をおごっていたという一面もある。良いのか悪いのかは微妙。。

 

一方、母親は広告代理店のような会社で働く普通のOLだった。

しかし、祖父から麻雀とトランプを教えてもらっていたので、ゴミ人間の素質はある。

 

そんな両親が40年ほど前に結婚したわけだが、当時は挙式直後(翌日)のハネムーンはあまり縁起が良くないとされていた。(たぶん一部の地域の話だろうけど)

 

ハネムーンに行けないのなら仕方がない(金も無いし)、ということで両親の結婚初夜は、父親のギャンブル仲間と徹マン(徹夜で麻雀)という流れになった。

 

この結婚初夜の過ごし方が、夫婦の性格を的確に表現していると個人的に思う。

スポンサーリンク

結婚を難しくしているもの

私は麻雀はほとんどやらないが、トランプにはかなりハマった。

両親に遊び方を教わり、高校時代に友達に教え、塾の生徒にも授業した。

 

具体的にはセブンブリッジという遊びで、それに独自のルールとポイントの計算方法を加えている。

昨晩(今朝)はそのセブンブリッジを徹夜で遊んでしまい寝不足。

それでも家族とこうして遊べるのはあと何回くらいだろうと考える良いきっかけになった。

 

祖父は私が小学生のとき、70歳で突然亡くなった。

私の両親もあと5年経てば70歳になる。

よく両親が「祖父が生きている間にセブンブリッジをやりたかった」と漏らしている。

 

もし私が今すぐ結婚して子供を作っても、3世代でセブンブリッジができるようになるまでに最低15年はかかり、それは夢のまた夢。

 

ほぼ無職の父親ですら20代で結婚したというのに、一応大手企業で10年近く働いている私が未だ独身なのは、世の中が歪んでいるのか、それとも私がねじ曲がっているのか。

たぶん両方なんだろうけど、そろそろ私も焦った方がいい。

 

本当は、もっと経済的にゆとりを持って、ダイエットも成功している状態で婚活を始めたかったけど、そんな悠長なことは言ってられない。

最適なコンディションになるのを待っていたら、あっという間にじじいになってしまう。笑

 

結婚を難しくしているのは、変に完璧を求めているからかもしれない。

退屈しない人生のために

もし結婚相手(女性)に求める条件を挙げるとすれば「家族との遊び方」だ。

学歴、職業、見た目、居住地だけなら、条件を決めれば簡単に見つかる。

アプリで検索して終わりだ。

それらも生活する上では大事だとは思うけど、やっぱり毎日を楽しくするなら「遊び方」への考えが一致していたほうがいい。

 

ちなみにセブンブリッジ大会の結果は、父親の圧勝。

年金以外に失うものがないので、リスクのとり方が異常。

すごい勝ち方をしてくる。笑

国際恋愛カテゴリの最新記事