婚活アプリのデメリット「あなたの代わりはいくらでもいる」

婚活アプリのデメリット「あなたの代わりはいくらでもいる」

こんばんは、婚活アプリに飽き始めたKeiCampbellです。

入会して2週間ちょっとですが、婚活アプリは自分には合わないことが分かった。

日本人以外に台湾人、スイス人、トルコ人ともお話できたのは良かったけど、一方で闇も垣間見てしまった。

今回はその闇の一部をネタにしてみようと思う。笑

「自分が第一」な女性とのマッチング

昨晩、とある30代前半の日本人女性から「いいね」が届いた。

私が「いいね」を返せばマッチングし、メッセージのやりとりが始まる。

 

その女性のプロフィールの一部がこちら。一応モザイクを。

 

全体的に怪しく綺麗な言葉が並んでいる。

以下、気になった部分を抜粋、解説。

 

「結婚前提で、話がスムーズに進むとありがたい」

もはや詐欺師のよう。初回のメッセージで結婚式の日を決められそうです。笑

 

「一途に想い続ける自信がある」

男性が喜びそうなことを言いおって!笑

そんなに自信がある人っているのか。

 

「お互いの足りない部分を補い合い、お互いが成長でき、たくさん笑い、安らげて自然体でいられる関係が理想。」

これには同意できる。

結婚はチームワークが無いとやっていけないでしょう。(結婚したことないけど)

 

「器が大きく、優しく、決断力があり、引っ張ってくれて、一途で、穏やかで、大切にしてくれて、堅苦しくなく、怒りっぽくない人が好きです。」

これらが彼女が求める結婚相手への要求仕様。つまり、彼女の結婚相手にふさわしい男性の条件。

ここまで強く要求しているプロフィールは初めて読んだ。

せめて定量的に書いてくれてれば、ちゃんと考えるのになぁ。

例1「ディナーの選択肢が5通りあったとき、3秒以内で解を導くことができる決断力を持つ。」

例2「妻が夫に内緒で100万円を超えないブランド品を購入した場合、怒ることはない。」

 

「おじいちゃん、おばあちゃんになっても手を繋ぎたい。」

それはアリだと思います。

 

「家でストレッチやダンスをするので応援してくれると嬉しいです。」

応援しますが、映画を観ながらでもいいですか?

 

と言った感じのプロフィールでした。

自分の思いが全力で書かれているのですが、正直すべて自分の要求にしか触れておらず、相手に何をしてあげるのかはノータッチです。

 

完全に好みじゃない人だけど、どんなメールのやりとりになるのか気になったので、「いいね」を返しマッチング成立。

するとお相手から即、メッセージが。

 

まずは簡単なご挨拶です。

当然、向こうは私のプロフィールについては触れず、自分の主張が第一です。

 

メッセージを頂いて3分で返信しました。

 

その後、何か質問を送ろうと考えていたところ、お相手が私を「ブロック」しました。

ブロックされると相手が「退会済み」の表示になるので、もうメッセージは送れません。(本当に退会していることもあり得るが)

 

ちょっぴり展開が楽しみだったのですが、お相手がかなり結婚を急いでいたこともあり間に合いませんでした。。

「結婚式の日はいつにしましょうか?」って最初に送っておけば、ブロックされずに済んだかもしれない。

 

ひとまず、ブロック前にプロフィールをスクショしといてよかった。笑

スポンサーリンク

不満があれば次を探す。

上で紹介した人のように、

何かしらの条件検索で私を見つけ「いいね」をし、メッセージに不満があったので「ブロック」する。

という例は、私以外の婚活アプリ利用者も経験したことがあると思う。

(たぶん男性女性関係ないかな?)

 

「ブロック」まではいかなくても、メッセージを送るのをやめて関係を切ってしまうことも頻繁にあるはず。

それは別に変なことではなく、当然なことだ。

 

話が合わなければ、無理して話続ける必要もない。職場の人間関係とは違うのだから。

 

しかし、「必要はない」とは言うものの、質問の回答待ちの状態で突然メッセージを止められた側からすると、良い気分はしない。

 

止めた側は、おそらく何も気にしていない。

単にリアルでの生活が忙しくなり返信が面倒くさくなったか、他のマッチング相手ができたか、だろう。

 

相手に求める条件を入力し検索するだけで、いくらでも次の話相手を見つけることができる。

これは婚活アプリのメリットであり、デメリットでもある。

 

普段出会えないような人とオンラインでコンタクトできるが、一人一人との関係性を深めるためには忍耐力が必要だ。

 

「メッセージで少し不満が出たら、次を探せば良い」と考える人は、いざ結婚生活で不満が出てきたらどうするのだろう。

 

そんなメンタルの弱さで、おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いでいられるのか?笑

退屈しない人生のために

婚活アプリ上には、自分の代わりはたくさんいるし、相手もたくさんいる。

一人一人と深く会話するのは簡単なことじゃないけれど、対面で会いにくい状況下でお互いを知るには、やはりメッセージ(or 電話)のやりとりが重要。

 

メッセージを軽視するなら、男のプロフィールに書くのは、もはや昔の「3高(高学歴、高身長、高年収)」と顔写真だけで十分でしょう。

今流行りの「4低」は検索できないし。笑

国際恋愛カテゴリの最新記事