【30代の英検準1級挑戦記】レコーディング勉強法で英単語暗記の三日坊主を撲滅

【30代の英検準1級挑戦記】レコーディング勉強法で英単語暗記の三日坊主を撲滅

こんばんは、英単語を暗記中のKeiCampbellです。

これまで何回か英語学習に没頭していた期間がありましたが、今回は史上最強クラスのやる気です。笑

この機を逃さずまずは基本となる英単語を覚えます。

英単語の暗記は個人的に三日坊主になりやすいんですが、1週間継続できたので方法を紹介してみます。

成果をレコーディング(記録)しよう!

英単語の暗記に限らず、他の科目や資格の勉強、もしくはダイエットのような「継続」が必要な取り組みには「レコーディング」が効果的です。

 

理由は単純で、レコーディングした数値を見ていると嬉しくなるからです。笑

自分がどのくらい頑張ったのかが具体的な数値となって「目に見える」ようになるので、もっと数値を更新したい!という気持ちになります。

 

実は「何かご褒美がもらえる」という外発的な動機よりも、自分の内側の気持ちを高めたほうが継続には向いてます。(内発的動機)

 

1つ例を紹介します。

私がダイエット中に体重をレコーディングしたものです。

 

78kgあった体重が最初の1か月半で4kg近く減量しています。

このときは体重の他に「摂取カロリー」もレコーディングすることで、確実に体重が減るような仕組みを作っていました。

 

減っていく体重を眺めるのは実に愉快です。

 

もし資格勉強で「レコーディング」をあてはめるとしたら、パッと思いつくのは「解けた問題の個数」が良さそうですね。

毎日決まった問題数の過去問を解いて、正解数をレコーディングする。

そうすれば「明日は正解数を増やしたい!」という気持ちになれるので、毎日勉強を継続することができるでしょう。

 

ただ、何でも記録すればいいというものではないのです。

よくTwitterで見かけるのが「勉強時間」をレコーディングしている高校生たち。

正直言うと、勉強時間を記録すれば、勉強する時間を増やしたいという気持ちになるかもしれませんが、「時間」が長いことが「成果」に結び付くとは限りません。

 

記録するものは「時間」よりも、「成果」に直接関係するもの、例えば「解けた問題の数」「覚えた単語の数」が良いでしょう。

 

「とりあえず時間をかければいい」という考え方は高校生のうちに捨てておかないと、社会人になったとき「残業は正義」みたいな価値観に飲まれる。笑

スポンサーリンク

自分の「エビングハウスの忘却曲線」を作ろう

本題に戻って英単語の暗記についてです。

私は今、英検準1級合格を目標に「英単語」を暗記しているところです。

使っている単語帳は「でる順 パス単(英検準1級)」です。超有名ですよね。

掲載されている単語は1550個、熟語は300個の計1850個です。

私の覚えなければいけない単語は875個(1550個中)です。。。

 

受験生なら1週間くらいで覚えてしまうのでしょうが、私は無理せず1日20個ずつ覚えていきます。

そしてレコーディングの様子がこちら。

 

ちょっとわかりづらいですね。

縦が日付で、横が単語の番号です。

ピンク色のセル(★)が「単語を覚えた日」です。つまり読んだり書いたりして頭にぶち込んだ日です。

 

水色のセルには「暗記できている単語の個数」をレコーディングしています。

最初は覚えた次の日、そして2日後、4日後、1週間後と、水色の「暗記チェックの日」にどれだけ単語を覚えていられるかを確認します。

 

ご存知の方もいると思いますが、実はこれは「エビングハウスの忘却曲線」を意識してレコーディングしているのです。

昔、忘却曲線についての記事を書いていたので、「そんな曲線、聞いたことないよ」と言う人は参考にどうぞ!

さて、さきほどの単語のレコーディングをグラフにすると、こんな感じになります。

若干ではあるけど、よく見るエビングハウスっぽい曲線ができました。

ピンク色が英単語のエビングハウスの忘却曲線です。

1日後は5%ほど忘れ、3日後には10%ほど忘れています。

が、1週間後は3%しか忘れていません。

 

これはどういう意味かというと、

「1日後」というのはつまり「一夜漬け」の効果を表しています。

私が一夜漬けすると、次の日に95%記憶に残っているという意味です。

(20単語は負荷が小さすぎた)

 

しかし3日後になると一夜漬けの効果は薄くなり少しずつ忘れていきます。

ここで再度英単語を覚えなおすと、4日後(スタートから一週間後)には97%も記憶できています。

 

次にデータを取るのはさらに1週間後です。

その日までは、覚えた単語は見てはいけません。(これが意外と辛い。英単語が見たい。)

 

このように自然に「英単語を覚えたい」という気持ちが増しますし、「自分の記憶力」が見える化できるのもレコーディング勉強法の良いところですね。

 

さて、私の英単語暗記の最初のゴールは、「パス単」の見出しにある875個の未知単語を覚えること。

グラフにするとこんな感じ。

予定では8月の夏休み前には完了する。

非常に楽しみである。

退屈しない人生のために

そもそも英検準1級を何のために取るかですが、特に何も考えてません。

転職の予定は無いし、海外にも自由には行けないでしょう。

 

でも合格した後は、合格してからでないと思いつかないようなことが待ち受けていると信じています。

きっと良いことが起こるに違いない。

 

どうでもいいですがアイキャッチ画像に文字入れようかな。

デザインのことをもっと知りたい。

自己啓発カテゴリの最新記事