30代になると働き方が突然変わる。どんな準備が必要?

30代になると働き方が突然変わる。どんな準備が必要?

こんばんは、平社員のKeiCampbellです。

30代になると管理職を務める人がちらほら出てきます。

出世のスピードは会社、部署、本人の能力などなどに寄りますし、全員が出世できるわけでもない。

しかし、自分が出世する気が無くても、周囲からは30代としての働き方を要求されるので、20代の気持ちで働き続けるのはおすすめできません。

30代で活躍するための準備

30代になると上司やさらにその上の役員からの要求がハイレベルになっていきます。

20代では、ある意味がむしゃらに働いていれば何とかなっていた仕事も、30代からはチカラ技が通用しなくなってくる。

そんな30代ならではの仕事をこなしていくには、30代で働き方が変わることを意識することはもちろん、身の回りの環境も整えておいた方がよい。

上司と仲良くしよう

まずは自分の直属の上司と仲良くしましょう。

上司が嫌な奴だったり、尊敬できない人物であれば、上司の上司でもよいです。

 

上司と仲良くしておけば、コミュニケーションの障壁が薄れていきます。(話しやすくなる)

 

去年くらいから1on1ミーティングという「プチ面談」が流行り始めましたよね。

私の会社も流行りに乗っかり、毎月1回30分の1on1を実施しています。

 

1on1を取り入れている会社なら、上司と1対1でざっくばらんに話せるので仲良くなるチャンスはあります。

 

上司と仲良くなるとどんなメリットがあるかというと、ずばり昇進しやすくなります。

勘違いしないで欲しいのですが「仲が良いから昇進させてくれる。」という意味ではありません。

(そういう組織もあるかもしれませんが)

 

上司と仲良くなることで、仕事の相談がしやすくなったり、働き方のアドバイスをもらいやすくなります。

言い換えれば、上司(もしくはその上長)が昇進させたいと思える人材に近づくことができます。

 

30代になると、新入社員時代のように「分からないことは何でも聞ける」という立場ではなくなってきます。

しかし、上司の助言は30代でも非常に心強いです。

それを得る機会を1on1を利用して作ってしまいましょう。

同期と仲良くしよう

私の会社は1年で200人くらいの新卒社員を採用します。

つまり同期が200人います。(未だに半分以上の顔と名前が一致しません)

 

小さな会社はもちろん、大きな会社でもいつどんな仕事で同期と関わるか分かりません。

中には嫌いなタイプの同期がいるかもしれませんが、大人の対応で仲良くしておきましょう。

 

いざ、一緒に仕事をすることになったとき、仲が悪いのは何の役にも立ちません。

それでも競争意識の高すぎる奴が近くにいると、非常に面倒くさいのですが。笑

 

同期とは仲が良いほうが、お互いの内にあることを話しやすくなると思うし、「半沢直樹」のドラマのように助けてくれることもあります。

 

と言いつつ、私は仲の良い同期が非常に少ない。。。

でも一人か二人いるだけでも、会社生活に華があって救いになりますね。

社外の協力者と仲良くしよう

職種によっては社外と多くの関りを持つ人もいるでしょう。

営業やマーケ、コンサルなどなど、むしろ社外と関りを持たない人の方が少ないかもしれません。

 

しかし、私は入社して6年間、会社の看板を背負って社外と関わったことがありません。(もしかすると珍しいパターン?)

言い換えれば、初めの6年間、自分の名刺を誰かに渡したことが無い。

 

そんな私も部署を異動してから初めて社外との関りを持つことができました。

 

競合他社で自分と同じような部署で働いている人や、仕事を進める際に技術提供してくれる会社の人、色々います。

 

競合他社は本来ライバル関係ですが、普段自分の会社の同僚としか話したことが無かった私にとっては、競合との関わりは非常に新鮮でした。

偶然にも年齢が同じで、常識的な範囲でざっくばらんに話がすることができました。

 

それに他社の人って不思議とやる気に満ち溢れてるオーラを出すんですよね。

愚痴になってしまいますが、私と同じチームのメンバーは仕事に積極的では無いので、めんどくさい雑用や、その人が初めてやるであろう仕事をしれっと投げてきます。笑

そういうこともあって、他社の人のおかげでモチベーションが上がるんです。

 

まだ他社との関りが無い人は、社外と接触できるように工夫ずると良いでしょう。

スポンサーリンク

仲の良い同期と1on1をやってみた

数少ない仲の良い同期(女性)と1on1をやってみたんです。

去年までは、定期的に会社内にあるカフェでよくおしゃべりしていた仲で、私のガトーショコラが大好き。笑

 

最近は在宅勤務が多いのでテレビ会議でおしゃべり(1on1)です。

 

おしゃべりの内容は、職場の雰囲気、仕事への態度、家庭(夫と子供)の話などです。

同期の夫は転職したばかりで、幸か不幸かいきなりチームのリーダーになってしまったんです。

転職先にはもちろん仲の良い同期はいないし、上司も同僚も他部署の人も初対面。

 

そして新入社員と違って「まずは仕事を覚えましょう!」が通用せず、かなりストレスが溜まっているそうです。

 

わざわざ転職したのだから仕事のやる気はあるだろうけど、仲の良い人が会社内にいないのは非常に心細いでしょう。

 

私は転職したことないし、リーダー職も未経験。

アドバイスなんかできる立場ではないけど、強いて言うなら「友達を作れ」ですね。

(あ、私は友達も全然いないんだった。)

 

会社で溜まった愚痴をどこにも吐けずに、家に持ち帰ってしまう事に私の同期は色々と不安を感じていたんです。

確かに毎日仕事の愚痴を聞くのは気持ちの良いことじゃないですからね。(子育てもあるし)

 

その夫は私と同様友達が少ないらしいので、もし良かったら私と山に登ろう!笑

退屈しない人生のために

誰でもよいわけではなく、仕事のモチベーションやスキルが向上するような人と仲良くなることが変化の多い30代には必要なことだと感じました。

管理職になったり、結婚して親になったり、転職したりと、私が経験したことが無いイベントはいくらでもあるので、今から備えていこうと思ったのでした。

自己啓発カテゴリの最新記事