【神奈川・厚木】不動の滝と帰りに寄るべきおすすめ塩ラーメン店を紹介

【神奈川・厚木】不動の滝と帰りに寄るべきおすすめ塩ラーメン店を紹介

こんばんは、会社では滝が嫌いと宣言しているKeiCampbellです。

同じ部署に、滝を一緒に見に行くためにレンタカーの手配と運転を強要してくる”滝ハラ”なおじさんがいます。

そいつに誘われないように「滝、めっちゃ嫌いっす」と私は言っていますが、本当は大好き。

今回は神奈川県にある不動の滝と、近場にある美味い塩ラーメン屋さんを紹介します。

不動の滝【厚木市七沢】

「不動の滝」という名を持つ滝は複数あって、今回紹介するのは厚木市の七沢にあるものです。

初めて行く滝なので、バイクでどこまで進められるか、どのくらい歩くかなど、事前情報がほぼ0の状態でした。

そんな私でも無事に生還したので、滝の写真や、滝までのアクセスを記録に残します。

外観

さっそく滝の外観を。まずは横から。

NDフィルターをつけて露光時間を伸ばして撮影したものです。(20秒露光)

ちょうど太陽が雲から顔を出し、良い感じに滝を照らしてくれました。

こういう時たまに虹が見れるのですが、今回は方角が良くなかった。

でも綺麗。

 

次は正面から。3秒しか露光してないけど、水の流れが線のように見えて好みの形です。

10秒以上だと水の形が一通りに決まってしまうので、3秒くらいが色々な形を楽しめます。(滝の写真を撮る人なら理解してくれる?)

下の写真はどちらも3秒露光だけど、滝の形が違うのがわかると思います。

個人的には上側の形が好み。

滝つぼの中

外観だけでなく、滝つぼの中も撮影してみました。

偶然、水中OKなカメラを持っていたのです。

水の中は青く透き通っていて綺麗ですよね。

 

ちなみにRICOHのWG-70というカメラです。

頑丈な作りだし、マクロモードも優れているので、スマホのカメラに飽きてきた人はぜひ遊んでみてください。

スポンサーリンク

滝までのアクセス(後半が難易度高い)

石切場駐車場

まずは車かバイクで石切場駐車場に向かいましょう。

ここから先は、林業に関わる車しか通れないので、乗り物はここに停めておきます。(チャリは行けなくもない)

 

道を進むと背の高い木々が左右に広がっていて、切り株とかに歴史を感じて妄想に浸れます。

「これが、かつて人類が伐採した木か。」とか。

 

二の足林道ゲート

5分ほど坂を上ると「ゲート」が見えてきます。

ここから先はクマさんの目撃情報があるようなので、鈴を鳴らしながら進むのを推奨します。

私は靴底の溝にはまった石ころが、良い感じに音を出してくれました。

山神トンネル

ゲートを通過し、また坂道を登っていくと「トンネル」が見えてきます。

直線で道も綺麗なのでライトが無くても歩けます。

ライトがあれば旧人類が描いたと思われる壁画を拝むことができます。

「AYUMI 愛してる」とか「バカボンのパパの絵」が書いてあります。

 

トンネルを抜けるとスマホが圏外になり、本当に文明が滅んだのかと錯覚してきます。

カエルロード

そして道にはカエルが出現し始めます。一瞬ただの石ころに見えますが近づくと跳ねるので注意しましょう。

私はカエル大好きなので、ここで10分くらい遊んでしまいました。

 

カエルロードを抜けると、道の状態が悪くなってきます。

木が道を塞いでいたり、土砂ってたり、小さい川ができてたり、橋の一部がくずれてたりします。

そして道はさらにひどくなります。

 

というよりも、ちゃんとした道は途中で無くなっています。

不動尻キャンプ場跡

まずは下の写真の標識が目印になります。

この標識が見えたら左側に進みましょう。「不動尻キャンプ場跡」という場所で、テントが張れそうな広場があります。

 

まずは石橋を渡ります。

獣道(片足が濡れる覚悟を)

草の生えていない獣道を進んでいくと、丸太が転がっているかと思います。

一部、丸太に生えてる苔が剥がれているので、これが道標になります。(赤丸)

私が来た時には剥がれていたので、先に来た人がここを踏んだのでしょう。

 

草をかき分けて赤線のように登っていきます。(ゴールが同じなら別のルートでも良い)

 

登り終えたら、あともう少しです。

道が開けているし、左の方に沢があるので迷うことはないでしょう。まっすぐ前に進みましょう。

 

だいぶ道が狭いので左側に滑って落ちないように気を付けましょう。落ちたらだいぶ痛いと思います。

  

登りきるといきなり川があるので、旧人類が用意してくれたロープを使いましょう。それでも片足は濡れる覚悟で。

ここを抜ければ転落するような場所はないし、滝も目前です。

ここで道案内を終了します。

塩ラーメン ZUND BAR(ズンドバー)

厚木市七沢に来たらZUND BARに行くべきでしょう。

かなり山奥にあるのに、私の会社の人たちにも知れ渡っています。

 

ここの塩ラーメンは塩系最強なのでは?とみんなが言ってます。(ゆずラーメンもある)

今回は「炙りチャーシュー塩ラーメン”まろ”」です。というより毎回塩ラーメンを頼んでしまう。(”まろ”は脂の量が多めで、”淡麗”が少なめです。注文時に聞かれます。)

次回はつけ麺を頼むことにしよう。

そういえばブログを始めたばかりの時もズンドバーを紹介していました。

文章力に成長が見られなくて悲しいね。

スポンサーリンク

退屈しない人生のために

つい1か月前まで暑かったのに、今では涼しいを通り越して寒いですね。

短く貴重な秋にはなるべくバイクでお散歩しないと勿体ない。

来週もどこかの滝とラーメン屋を探索しに行こう。

一人週末滝部。

旅行記カテゴリの最新記事