CATEGORY 旅行記

一人で海外へ旅に行ったり、バイクに乗って走り回るのが好きです。 旅先での体験談やお得な情報を紹介していきます。 これまで行ったことのある国はまだ7か国ですが、新型コロナが落ち着いたら毎年2, 3か国は旅に行きたいです。

【リゾットを食べよ】部屋のインテリアがツボな三井ガーデンホテル【五反田】

こんばんは、小学校の頃、茶色が好きだと周りに言えなかったKeiCampbellです。 みんな、あれを連想するんですよね。小学生だしね。 汚い話は置いといて今回泊まったホテルは、そんな大好きな茶色がとてもお上品に使われていて、自分の部屋にコピーしたくなるインテリアが満載。 1階にあるレストランのリゾットも、アルデンテ具合が完璧。 ホテルがメインで、仕事がついでになってきた!

【ツインがおすすめ】品川プリンスホテルは二人で泊まるべき【品川】

こんばんは、電車通勤が大嫌いなKeiCampbellです。 今月はほとんど東京出社なので、いつも通り都内のホテルに泊まります。 自腹で辛いですが、Go to キャンペーンのおかげで少しお得感はあります。 今回は品川プリンスホテルに泊まったのですが、ここは2人で泊まると良かったかもしれません。 そんな相手はいませんけどね。

【神奈川・厚木】不動の滝と帰りに寄るべきおすすめ塩ラーメン店を紹介

こんばんは、会社では滝が嫌いと宣言しているKeiCampbellです。 同じ部署に、滝を一緒に見に行くためにレンタカーの手配と運転を強要してくる”滝ハラ”なおじさんがいます。 そいつに誘われないように「滝、めっちゃ嫌いっす」と私は言っていますが、本当は大好き。 今回は神奈川県にある不動の滝と、近場にある美味い塩ラーメン屋さんを紹介します。

【朝食が優良】クラシックなホテルモントレ銀座【有楽町】

こんばんは、先日誕生日を迎えたKeiCampbellです。 30代中盤になると、誕生日を祝う機会が減ってきますよね。 ただ私は祝われるのはそんなに得意じゃないので、静かに過ごすのが好きなんです。 今年の誕生日は、たまたま東京本社での勤務が連続したので、また都内のホテルに泊まりプチ旅行気分を味わうことにしました。 ささやかな自分への誕生日プレゼントです。(毎月ホテル泊ってるけど)

【道の駅 足柄・金太郎のふるさと】帰り道、アニメに出てきそうな町を探索【神奈川】

こんばんは、夏になるとアニメを見たくなるKeiCampbellです。 アニメの世界の「夏」って、自分の思春期を思い出させたり、憧れの夏休みが映像化されたりしてて魅力的なんですよね。 でも実際の夏はくそ暑くて「早く秋になれ」と呪いをかける毎日なわけです。 今回は小田原方面にバイクを転がしましたが、久々に「夏休み」っぽい1日を過ごせたので記事に残します。(期待はしないでください)

【道の駅 清川】必食!ソフトクリームwith焼き芋 is Good !【神奈川】

こんばんは、大型バイクとオープンカーが欲しいKeiCampbellです。 先日、バイク乗りの友人が大型バイクの免許をゲットしたので、その試運転に付き添うことになりました。 と言っても私は400ccだし、友人はレンタルの大型バイクです。 大型バイクの感想は友人が語るとして、私は道の駅で食べたソフトクリームの感想を述べます。笑

【高コスパホテル】アワーズイン阪急の25階から夜景をお届け【大井町】

こんばんは、2日以上連続で東京勤務ならホテルに泊まるKeiCampbellです。 ホテルに泊まれば通勤時間を睡眠や勉強に費やせるし、ホテルの近くで美味しいお店を楽しめます。 たぶん満員電車に乗るより一人でお店探索してる方がリスク低いんじゃないかな。 今回は大井町のちょっとリッチなホテルに一泊しました。 なんと25階の部屋。夜景がハンパない! しかし自費です。。

満員電車に乗るくらいなら、自己負担でホテルに泊まる。【新型コロナで都内ホテルが格安】

こんばんは、片道2時間の通勤でくたばりそうなKeiCampbellです。 毎日じゃないんだけど、1週間連続すると疲労感が半端ない。 コロナの感染リスクも上がってしまう。 毎日2時間かけて通勤・通学している人、忍耐力がすごいですね。 私は通勤で我慢したくないので自費でホテルに泊まるという選択をしましたが、大正解でした。 今、都内のホテルがとても割安なのでおすすめです。

一人で海に行く心理とは?一人でできる海での遊び方も紹介!【平塚】

こんばんは、たまに一人で海に行くKeiCampbellです。 バイクだと渋滞や駐車場には困らないし、自宅からはおおよそ3、40分なのでサクッと海に行けます。 今日は少し蒸し暑かったので、完全にバイク日和。 しかし天気以外にも、何か海に行きたくなるような心情というものがある。 どんなときに人は海に行きたくなるのでしょう。

「仁」はやはり最高。非日常を味わったGWのとある一日。【芦ノ湖スカイライン】

こんばんは、別世界感を味わうのが好きなKeiCampbellです。 最近昼間に「仁」が放映されている。 10年近く前に流行った人気ドラマの再放送で漫画が原作。 とある男性医師が突然江戸時代に飛ばされ、けが人や病気の人を助けまくるというストーリーだ。 こういう展開は大好物で、私もいつでも過去に飛べるように準備している。 希望は1950年代だ。

1 3