CATEGORY 仕事と健康

理系の大学院を卒業し新卒で大手メーカーに技術者として就職しました。精密機器の設計・開発・品質保証を7年間、その間に学生採用のリクルーター業務を4年間携わってきた経験と、アラサーなりの健康志向な話題について語っています。

【書評】人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている:でも実績は必要なんだよね。

こんばんは、錯覚資産0のKeiCampbellです。 本書のキーワードである「その人の印象を底上げするパラメーター”錯覚資産”」。 本書を読み終わるころには、結局は何か一つ実績を残さないと錯覚資産は得られない。 楽して良い思いをすることはできませんよ。という現実を教えてくれる本ですね。

【書評】世界のトップスクールだけで教えられている最強の人脈術:マイプラットフォームを作ろう!

こんばんは、人脈の少ないKeiCampbellです。 そもそも私は人脈という言葉があまり好きではありません。 人脈と聞くと、異業種交流会とか積極的な飲み会への参加とか、私個人的に嫌いなワードが連想されてしまうからです。 ただ本書では人脈を資産と捉え、自分の立ち位置についての戦略を考えるきっかけを与えてくれますよ。

まさに一人リカレント教育。趣味に磨きをかける会社の職人肌の先輩。

こんばんは、絵画鑑賞が好きなKeiCampbellです。 今日は入社以来お世話になっていた50代後半の先輩の絵を観に行ってきました。 10年以上も前から絵画教室に通って、そこのグループ展で絵を発表していた先輩。 ただの趣味としてでは無く、第2の人生を画家として生きるという決意をざっくばらんに語ってくれました。

【書評】情報を活かす力:出来事を知ってるだけじゃニュースは語れないよね!

こんばんは、ニュースに疎いKeiCampbellです。 以前、政治の話題が好きな知人がいまして、ただただ出来事だけを話す人でした。 「だからどうしたの?」と言いたくて仕方なかったのですが、ニュースにほとんど触れない私は言い返すほどの政治知識もなかったのでちょっと悔しい気持ちになりました。 社会人としての基本姿勢として、世の中のニュースに対して自分なりの意見を持っていたほうが良いな。と思ったときにこ […]

電車通勤での読書はAudibleが便利!分厚い本も抵抗なく聞ける!

こんばんは、満員電車の中で本を落としたことがあるKeiCampbellです。 新入社員時代ですが池上彰さん「伝える力」を通勤時に読んでいたら、手が滑って落としちゃったんですよね。 それからは電車で読書する習慣が途絶えてしまって、音楽を聴いて過ごすことが多くなりました。 しかし最近はAmazonのAudibleという「聴く本」を導入してから読書習慣が復活しました!おすすめです!

大学院の研究室メンバーでOB飲み会!愚痴(毒ガス)を吐く人がいなかったことに驚き!

こんばんは、飲み会が嫌いなKeiCampbellです。 会社の飲み会って愚痴が多いから嫌いです! 散々愚痴を毒ガスのように吐き散らしたあげく、結局は「明日から仕事かぁ」で締めるんですよね。 今日は大学院時代の懐かしいメンバーでOB会でしたが、愚痴ゼロでした!

自己投資って何をすればいいんですか?と学生に聞かれたので自分なりの答えを用意したよ!

こんばんは、3年前まで学生の新卒採用活動に携わっていました。KeiCampbellです。 就活シーズンになると学生と話す機会が多くなります。 初々しい質問をよくされるので学生だった自分を思い出しますね。 今回はよく聞かれる「自己投資って何すればいいの?」問題についてサクッと書いておきます。

【書評】1分で話せ:自分のロジックと結論を持ちましょうね!

こんばんは、ついつい話が長くなってしまうKeiCampbellです。 相手に伝えようとする思いが話を長くさせてしまうことがよくあります。 結局、たくさん話した割には伝わった内容はごくわずか。自分でも何を伝えたかったのかを見失う。 そんな私のようなコスパの悪い話し方をしてしまいがちな人に向けた、最小の時間と言葉で相手に伝え、さらに行動も促すための方法論をわかりやすくまとめている良い本です!

30代前半の女性におすすめする安定志向のメーカー男子

こんばんは、友人の結婚は素直に嬉しいKeiCampbellです。 一日一回は結婚、婚活、独身などのワードを聞くようになりました。 特に今年はアラサーの男友達が2人も結婚するので、結婚バブルですよ。バブリー! 七夕である今日は一人目の結婚式に顔を出してきました! お相手は34歳の気品のあるご婦人です。