私の両親は貧困です。

家庭用冷凍庫(SHARP FJ-HS9X-W)を購入!世の主婦には旦那に買ってもらうことをおすすめする。

こんばんは、アイスならMOWが好きなKeiCampbellです。 今の梅雨の時期が終わると、ついに夏がやってきます。 冷凍庫にはアイス類が増え、いつもより庫内はパンパンになりますね。 そこで今年は家庭用冷凍庫を買うことにしました!

私の両親は貧困です。マンションを買ってあげた救世主な私。

こんばんは、結婚してないのに家を買ったKeiCampbellです。 就職して3年も経たないころ、私は両親にマンションをプレゼントしました。 最初は躊躇したけど買うべき理由が山ほどあったので思い切って不動産を購入。 約5年前の話ですが、記事にしておこうと思います!

自分の学費・教育費を自分で払うという選択

こんばんは、奨学金の返済があと半分残っているKeiCampbellです。 大学の学費を親が払うべきか、子供が自分で払うべきか。正解は各ご家庭によって違います。 大抵は親の経済状況で決まるので、子供がそれを自分で決めるという機会には中々巡り合わないと思います。 運悪く、もしくは運良く自分で学費を払う運命を背負ったとしたら、それは貴重な経験になる可能性は極めて大きいです。

貧困の連鎖を断ち切るために必要なこと

こんばんは、社会人になるまで自分の部屋が無かったKeiCampbellです。 あんまりお金のある家庭では無かったので、大学院を卒業するまで狭い団地で家族4人で生活していました。 当時は貧乏な両親に不満ばかり抱いていましたが、今では不満はほぼ解消され貧困生活も良い思い出となりました。

奨学金を借りてまで大学に進学する意味

こんにちは、KeiCampbellです! 最近、奨学金の返済苦で結婚や出産、子育てなどを諦めたり、最悪一家破産という暗いニュースをよく見ます。私も奨学金を返済している真っ最中なので、他人事ではありません。 それでも、高校を卒業して進学するときに奨学金を借り始める学生が多いと思います。 奨学金は借金と同じなので、社会人になったら返済しなければなりません。ですので、奨学金を借りてまで大学などに進学する […]