書評

【書評】自分で「始めた」女たち:新しいことを始める勇気をもらえる一冊

こんばんは、起業(独立)を考えているKeiCampbellです。 私は副業で塾講師をしていますが、いずれは本業のメーカーを退職し自分の好きなことに全力に取り組もうと思っています。 今回紹介する本は、タイトルに「女たち」とありますが、男性にもおすすめできる内容になっています。 勇気をもらえるし、未知の生活スタイルを垣間見ることもできるので、背中を押してもらいたい人は必読ですね!

【書評】「10年後の自分」を支える83の戦略 知的生活の設計:継続して1000人のファンを作ろう

こんばんは、毎日絵を描いているKeiCampbellです。 毎日の積み重ねが10年後の自分を作ります。週に1枚絵を描くか、2枚絵を描くかで10年後のアウトプットの規模に大きな差が生じます。 これからどのくらいのペースで日々アウトプットしていくか、どのようにそれを維持していくか。 本書は、そんな長期的な視点で人生を設計するためのハンドブックになると思います。

【書評】人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている:でも実績は必要なんだよね。

こんばんは、錯覚資産0のKeiCampbellです。 本書のキーワードである「その人の印象を底上げするパラメーター”錯覚資産”」。 本書を読み終わるころには、結局は何か一つ実績を残さないと錯覚資産は得られない。 楽して良い思いをすることはできませんよ。という現実を教えてくれる本ですね。

【書評】世界のトップスクールだけで教えられている最強の人脈術:マイプラットフォームを作ろう!

こんばんは、人脈の少ないKeiCampbellです。 そもそも私は人脈という言葉があまり好きではありません。 人脈と聞くと、異業種交流会とか積極的な飲み会への参加とか、私個人的に嫌いなワードが連想されてしまうからです。 ただ本書では人脈を資産と捉え、自分の立ち位置についての戦略を考えるきっかけを与えてくれますよ。

【書評】情報を活かす力:出来事を知ってるだけじゃニュースは語れないよね!

こんばんは、ニュースに疎いKeiCampbellです。 以前、政治の話題が好きな知人がいまして、ただただ出来事だけを話す人でした。 「だからどうしたの?」と言いたくて仕方なかったのですが、ニュースにほとんど触れない私は言い返すほどの政治知識もなかったのでちょっと悔しい気持ちになりました。 社会人としての基本姿勢として、世の中のニュースに対して自分なりの意見を持っていたほうが良いな。と思ったときにこ […]

【書評】1分で話せ:自分のロジックと結論を持ちましょうね!

こんばんは、ついつい話が長くなってしまうKeiCampbellです。 相手に伝えようとする思いが話を長くさせてしまうことがよくあります。 結局、たくさん話した割には伝わった内容はごくわずか。自分でも何を伝えたかったのかを見失う。 そんな私のようなコスパの悪い話し方をしてしまいがちな人に向けた、最小の時間と言葉で相手に伝え、さらに行動も促すための方法論をわかりやすくまとめている良い本です!