Filmcamera

フィルムカメラの修理記録や色々なフィルムでの作例を紹介しています。

【写真作例付き】初モノクロフィルムはKodak T-MAX 100を動物園で

こんばんは、慧です。 去年の春くらいにフィルムカメラを始めて、最初に手にしたモノクロフィルムがKodakのT-MAX 100でした。 今思うと、撮影練習に新品のT-MAXを使うとは、なんと”贅の沢”なのでしょうか。 ちなみに練習場所に選んだのは、横浜の動物園「ズーラシア」です。 今回は、のんびり動物たちの写真をモノクロでお届けしたいと思います。

【写真作例付き】10年前に期限切れした中判モノクロフィルム「Acros 100」をフレクサレットで

こんばんは、慧です。 手持ちのモノクロフィルムで一番多いのが120サイズのAcros100で、最も有効期限が古いものが2011年。 ひとまずこの2011年のフィルムで撮影してみて、問題無さそうだったら一安心できます。 今回はお気に入りのフレクサレットⅥ型で撮った結果を紹介したいと思います。 後半では個人的に嬉しかった情報も記載しています。

【写真作例付き】写ルンですのISO感度1600フィルムをTRIP 35で

こんばんは、慧です。 フィルムには色々な種類があって、ISO感度という光に対する感度もフィルムを選ぶ基準の一つ。 かつては現在主流のISO100~400とはひと桁違う1600の超高感度を持つフィルムが存在していました。 今は期限切れでも1本3000円以上の値が付いていて手が出せない。 そこで同等のフィルムが装填されているらしい、安価な「写ルンです」から抜き取ってみようというお話です。

【写真作例付き】フレクサレット(Flexaret)Ⅵ型 修理記録

こんばんは、慧です。 先日フリマアプリで珍しい二眼レフカメラをゲットしました。 かつて存在したチェコスロヴァキアという国のカメラです。 他の二眼レフと見た目が違うだけじゃなく、中身の構造もユニークでした。 試写したところ、不具合がちらほら発覚したので修理を実施。 本記事では手探りで修理した記録と、作例を紹介してみます。

【写真作例付き】期限切れモノクロ・カラーネガフィルムを使ってみたよ

こんばんは、慧です。 フィルムカメラを趣味にしていると、どうしてもフィルム代の高さが目についてしまいます。 135フィルムで安くて600円、高級なものだと1800円近く。 このフィルム代を少しでも抑えるために、格安な期限切れフィルムを使うのも手です。 リスクは伴うけど、どう写るかという楽しみもあるのでたまには良いです。

ジャンク品のフィルムカメラ修理にハマった理由

こんばんは、慧です。令和の時代にフィルムカメラにハマりました。 撮影だけでなく、ジャンク品を安く仕入れて修理するところから始めます。 うっかり平日の夜中の3時までカメラをいじってしまうくらい、没頭できる趣味となりました。 本記事では、修理にハマった理由と今後のプランについて紹介します。

【写真作例付き】ムック本付録の二眼レフカメラを作ってみたよ

こんばんは、慧です。フィルムカメラにハマっています。 2か月ほど前、本屋で二眼レフカメラの組み立てキットを発見しました。 3850円と手ごろな値段でフィルムカメラが作れるし、二眼レフは未体験なので買ってみたのです。 本記事では組み立て時の注意点と、実際に撮影した写真を紹介してみます。 フィルムカメラ始めたい人におすすめ!