母親が白内障の手術をしたり、授業料無料の家庭教師を検討したり

母親が白内障の手術をしたり、授業料無料の家庭教師を検討したり

こんばんは、慧です。

親が60代後半になると健康面に色々懸念が生じてきます。

両親ともに元気ではあるのですが、母親に関しては白内障の症状が著しく悪化したため、先月手術を受けました。

精神面では元気でも身体にガタが来るのは避けられないようです。

そんな親の姿を見て、少なくとも若いうちはもっと活動的になろうと思いました。

Camera : OLYMPUS TRIP35
Film : Kodak GOLD 400

手術後のウラシマ効果

先月、60代後半に突入した母親が白内障の手術を受けました。

水晶体がカルピスのように濁ってしまう目の病気で、この年齢になると誰にでも起こりうるそうです。

古いカメラのレンズが白く曇っていくのと一緒ですね。

母曰く「一寸先は雲」で、視界は常に霧の中にいるような感じだそうです。

カメラのレンズの場合はエタノールなどで拭くと多少は改善するけれども、人間の目はそうはいきません。

 

母親が受けた治療内容は、レンズ部分にあたる水晶体を人工のものに取り換えるというオーソドックスな手術で、手術自体は短時間で終わりました。

手術後の視界があまりにもクリアなせいか、鏡を見た母親が「シワと白髪がある!いつの間にこんなに老けたのか!」などと言い騒いでいました。

一方、浦島太郎のような気持ちになっている母親を見て、周りの家族は大いに楽しむことができました。

元々視力が良かったせいか、家の中を飛んでいる小さい虫にも気付くようになったり、ベランダから遠くの景色を見て「あ、チャリが置いてある」と言ったり、大幅な症状改善が見られました。

 

しかし実は若い頃にもう一方の目は失明しており、手術が万が一失敗していたら光を失うところでした。

おそらく手術前の母親には、健常者には想像できないほどの恐怖があったに違いありません。

 

ところで、母親の入院費用などは私が払うことになりました。(バイクの車検1回分くらい)

カメラのレンズなら2000円くらいのジャンク品から抜き取れるけど、人間の目は高級品です。大事にしないと。

スポンサーリンク

副業禁止になる前に

現在、無料もしくは格安の家庭教師活動を検討しています。

対象生徒は経済的に困難な家庭の子供。

 

予定のない土日が勿体ないと感じたのがきっかけです。

主に土日は、彼女に会いに長崎に飛んだり、教職のスクーリングを受けに行くのですが、毎月1回は何も無い週末がやってきます。

この土日(特に午前中)に1、2コマ程度の家庭教師のお仕事があると、残りの時間(午後)を後腐れなく徹底的にだらけることができると思うのです。

丸一日だらけてしまうと罪悪感を感じませんか?貴重な休みを棒に振ったような感覚です。

もし午前中に授業があれば朝からシャキッとするし、その勢いでバイクで海に行けたり、カメラを1台修理できたりもしますよね。

 

さらには、指導科目を英語限定にして自分の英語学習も兼ねようという魂胆です。

そんな自分勝手な家庭教師活動でもあるので、授業料は無料で教材費のみの価格で月2コマできればなと考えています。

教員になってしまうと塾講師も家庭教師もできなくなるので、期間限定で生徒を募集する予定です。

 

最近、英語のやりなおし学習にぴったりと思われる教材をゲットしたので、しばらくこれとラジオ英会話で英語指導の土台作りをしていきます。

退屈しない人生を共に

無料の家庭教師活動は、いずれ機会に恵まれればNPO法人化させ規模を大きくしてみたい。

とは思いつつも、こういう楽しいことはもっと早く一歩を踏み出しておけば良かったと後悔しています。

会社でだらだらと無意味な時間を多く過ごし過ぎてしまった感は否めない。

created by Rinker
¥1,100 (2022/08/15 18:01:00時点 楽天市場調べ-詳細)

雑記カテゴリの最新記事