スーツを着るためにランニングしたり、早起きして低感度フィルムで撮影したり

スーツを着るためにランニングしたり、早起きして低感度フィルムで撮影したり

こんばんは、慧です。

先日スーツを着る機会があって、着用時にお腹周りが少しキツかったのです。

新しく父親が手配したものなので、私が太ったわけではないのですが、危機感を煽るのにはちょうど良いイベントとなりました。

去年9kg減量し、今年に入り2kg増えたので、これを機にもう一度ダイエットをしようと決意。

今回はプールではなくランニングで-4kgに挑戦です。

プールより高効率?

筋トレ+水泳のダイエットは確実に痩せる方法なのですが、プールの営業時間内に通えることが大前提になります。

最近は出社率と残業時間が増え、アフター5にプールに行けなくなってしまいました。

そこで6月に入ってからは、仕事から帰ってきた後にランニングをすることに。

 

ランニングの強度は、ひとまず30分で4kmと極めて軽めにしています。

「5分走って1分歩く」を繰り返すレベルです。

ランニングアプリを使ったところ、1回で300kcal程度消費しているようなので、今までの水泳ダイエット(平泳ぎ)と消費カロリーは大差ないことが分かりました。

 

プールの場合は、プールまでの往復時間や着替えの時間も考えるとタイムパフォーマンスがあまり良くなく、さらに入場料もかかっていました。(下図はイメージ)

それと比較すると、家を出てすぐにスタートできるランニングは極めて手軽で効率の良いダイエット方法と言えます。

効果は1~2か月後には明らかになっているはずなので、後日どれだけ減量できたかを紹介します。

お写んぽのための早起き

残業時間が増えるとプールに行けなくなるだけでなく、平日の日没前にフィルムカメラでの写真撮影ができなくなります。

夜間での撮影も楽しいのだけど、低感度フィルムでの撮影は難しくなるし、作例のバリエーションが乏しくなってしまう。

そうすると自動的に早起きして朝の陽光のもとで撮影するしかなくなる。

 

5月になると4時台には空が明るくなるので、早起きすればするほど撮影を楽しめます。

勉強などを理由に早起きしようとしても、なかなか毎日継続することができなかったのが、朝の撮影散歩をモチベーションにすると驚くほど毎日早く起きれてしまう。

ちなみに今撮影中のフィルムは2つ。どちらもISO感度100未満の低感度フィルム

一つは「FujiChrome T64」で、10年くらい前に販売終了したカラーリバーサルのタングステンフィルム。
青く写るらしいので紫陽花が映(ば)えるかもしれない。

もう一つは「AGFA COPEX RAPID」で、粒状性が細かく白黒版EKTARのようなフィルム。

これらを撮り終えないと次のフィルムを装填できず撮影が進まないので、早く起きるのに毎朝必死です。

 

ところで写真を撮りながらお散歩することを「お写んぽ」と言うみたいですね。かわいい。

退屈しない人生を共に

ランニングはかなりポピュラーなダイエット方法だと思うのだけど、決して楽しい運動ではないですよね。

最初は5分走っただけで飽きてしまっていました。

いつかランナーズハイみたいな感覚を味わえるのかもしれないけど、それよりも朝のお写んぽに向けて紫陽花スポットとかを探しながら走ると楽しめます。

夜のうちに撮りたい被写体を探しておいて、翌朝のお写んぽで撮影するというわけです。

素敵な相乗効果を発見しました。

トップのフィルム写真は、フィルムがUltraMax400でカメラはTRIP35です。

created by Rinker
¥1,530 (2022/06/27 00:22:50時点 楽天市場調べ-詳細)

雑記カテゴリの最新記事